テクノロジー ›

Wolfram Algorithmbase

多数のアルゴリズムがつながった,世界最大のアルゴリズム網

Wolfram Researchは30年間に渡り,あらゆる種類の計算に使える,多数のアルゴリズムをつないだ完全なアルゴリズム網を作成するという長期的目標のもと,世界のアルゴリズム開発をリードしてきました.

既に存在するアルゴリズムは最適な形で実装,アルゴリズムがまだないものは新たに作成

何万ものアルゴリズムは始まりに過ぎません.Wolfram Algorithmbaseで最も際立っているのは,アルゴリズムではなくメタアルゴリズムです.メタアルゴリズムによって,それぞれの場合に使う最適なアルゴリズムが自動的に選ばれるため,ユーザはWolfram言語で自分の目標を定義するだけで済みます.あとはシステムに任せ自動的にそれを達成する最適な方法を見付けさせることができます.

スーパー関数とメタアルゴリズム

Wolfram Algorithmbaseのアルゴリズムのほとんどには,特定のタスクを達成するのに最適なアルゴリズムを自動的に判定する,スーパー関数およびメタアルゴリズムを使ってアクセスすることができます.

ただ解くだけ

Solve等のWolfram言語のスーパー関数は,特定の方程式に対する最適な解法を選ぶメタアルゴリズムを使って,多様な方程式を解くように設定されています.

多数の選択肢から自動的に選択

Wolfram言語のスーパー関数が根底にある何百ものアルゴリズムの中から1つを選択し,多数のアルゴリズムパラメータを自動的に決定することは珍しいことではありません.

ただ試すだけ

Wolfram Algorithmbaseはアルゴリズムのアイディアを試すコストを劇的に抑えることによって,無数の発見や発明を可能にしてきました.

アルゴリズムではなく概念に存在するコード

FindShortestTourのようなWolfram言語のスーパー関数を使うことで,特定のアルゴリズムを生成することに気を取られることなく,概念を捉えるコードを書くことができます.

洗練されたアルゴリズムを一般向けにする

Wolframのメタアルゴリズムアプローチは,エキスパートではないユーザでも簡単で高度に自動化された関数を使って洗練されたアルゴリズムにアクセスできるようにすることによって,常に新しいアルゴリズムの分野を広げてきました.

メタが最も困難になり得る

アルゴリズム選択のためのメタアルゴリズムの方が,最終的に選択されるアルゴリズムよりも高度であったり,時間がかかったりすることもあります.

いろいろなことが可能

Wolfram言語では,常に自動の動作をオーバーライドしたり,特定の名前の付いたWolfram Algorithmbaseのアルゴリズムをリクエストしたりすることができます.

最新アルゴリズムの分析

今日の最高のアルゴリズムは,非常に幅広い分野からの構成要素を利用しています.このことは,Wolfram Algorithmbaseにおける幅広い統合の重要性を実証しています.

内部では驚くようなことが

Wolfram Algorithmbaseのアルゴリズムが数値解を得たとしても,内部では記号計算やグラフ理論,計算幾何学等を使っている可能性があります.

新世代のアルゴリズム

従来の教科書的なアルゴリズムは低レベルの擬似コードで記述されることがよくあります.しかし,今日の最高のアルゴリズムはほとんどいつも高度な構成要素を使っています.

1つの領域の最適化では不十分

数値計算の最善の結果を得るためには,数値計算を超える領域からの本格的な機能とメソッドが必要になることはほとんど間違いありません.

作業を最小限に抑える

最新で最良のアルゴリズムは高度な最新の自動解析を使って,必要な計算時間を最小限に抑えます.

ますます充実するデータ構造

Wolfram言語の記号的特性により,非常に複雑なデータ構造を使ったり,異なるデータ構造間で相互運用したりすることが簡単になっています.

すべてが適応的

Wolfram Algorithmbaseのアルゴリズム自体がアルゴリズム的です.特定の計算が実行されるときに,アルゴリズムは常にその構造をアルゴリズム的に適応させていきます.

ヒューリスティックに含まれた判断

Wolfram Algorithmbaseのアルゴリズムの多くは,問題やランタイムの分布に関する,広範に及ぶ人間の知識と経験を含むヒューリスティックによって最適化されます.

計算美学

Wolfram Algorithmbaseには,人間好みの外観をアルゴリズムで表現することにより,出力の外観を最適化する高度なアルゴリズムが存在することがよくあります.

解決不可能の瀬戸際

Wolfram Algorithmbaseのアルゴリズムは,通常問題に対してさまざまなアプローチを取るサブアルゴリズムの階層を使うことで,形式的に解決困難な問題を当たり前のように解きます.

どこででも強力なアルゴリズムを利用

Wolfram Algorithmbaseの目標は多数のアルゴリズムを持つことだけでなく,すべての分野においてそのアルゴリズムが正確で,信頼でき,強力で,完全にスケーラブルであるようにすることでもあります.

30年間堅持してきたソフトウェア品質

Wolframは30年に渡り,ソフトウェアのテストのための幅広い方法とアルゴリズムテクニックを開発してきた,ソフトウェア品質管理の第一人者です.

世界で最も要求の厳しいユーザ

Wolframのアルゴリズムは,研究,開発,学術において,世界で最も要求の厳しいユーザによって30年間広く使われてきました.

規範となるアルゴリズム品質

30年以上の間,Wolframのアルゴリズムは,さまざまな分野において,取り扱う範囲,正確さ,性能の判断基準となってきました.

無限のスケーリング

Wolframのアルゴリズムには組み込まれた制約がなく,使用中のコンピュータシステムの限界まで実行できるように実装されています.

組み込まれた汎用性

Wolframのアルゴリズムはできる限り汎用になるよう,また任意の次元,次数,精度等が使えるよう実装されています.

数値精度を心配する必要なし

Wolfram Algorithmbaseは任意の数値精度まで計算したり,特定の精度が達成できるように数値解析を自動的に実行したりする系統的な機能を持つという点においてユニークです.

ロバスト性を保証する解析

Wolfram Algorithmbaseは通常記号解析とその他の高度なテクニックを使い,使用するアルゴリズムが特定の問題で確実に正しく実行されるようにします.

本の誤り

Wolframアルゴリズムのテストの過程で,これまで確実と見なされてきた表や参考書に誤りが見付かったということも多々あります.

Wolfram独自の多数のアルゴリズム

Wolfram Algorithmbaseの多くのアルゴリズムは,Wolfram独自の研究開発によるもの,およびWolframのユニークなアルゴリズム開発メソッドによるものです.

メソッドを混ぜてアルゴリズムを作成

Wolfram言語を使うことで,Wolframはさまざまな分野のメソッドを組み合せる新しいクラスのアルゴリズムを作成するユニークな立場にあります.

試験的なアルゴリズム生成

Wolframでは可能な限り幅広い新しいアルゴリズムを導き出すために,日常的にWolfram言語を使って問題空間を調べ,アルゴリズムの仮説を検定しています.

アルゴリズム発見の自動化

Stephen Wolframの「A New Kind of Science」で開発されたメソッドを使って,計算宇宙における可能なプログラムの大空間を検索することによってますます多くのWolframアルゴリズムが生み出されています.

メタアルゴリズムの最先端

Wolfram Algorithmbaseのメタアルゴリズムの大部分は,Wolfram独自のものです.Wolframが解いた問題の中には,学術的文献でこれまで研究されたことがなかったものもあります.

アルゴリズム発明の生産ライン

非常に一般的な問題のためのテクノロジーの開発において,新たな特定のアルゴリズムを数多く生成するアルゴリズム開発のために,Wolframは常に体系的な生産ラインを作成してきました.

de en es fr ko pt-br zh