計算可能ドキュメント形式—計算パワーでドキュメントが動き出す

CDFを支えるパワー

CDFは世界最先端の計算プラットフォーム Mathematica と,世界初の計算知識エンジンWolfram|Alphaに使われているのと同じテクノロジーの上に構築されています.どのCDFにもWolframが数十年に渡り世界にもたらしてきた技術革新が含まれているのです.

自動化を可能にする設計

自動化は生産性の鍵になります.CDFテクノロジーはアルゴリズムの自動選択からプロットのレイアウトやユーザインターフェース設計まで,システムのいたるところでインテリジェントな自動化を適用しています.エキスパートの助けがなくても信頼できる質の高い結果が得られます.エキスパートならば,もっと早く結果が得られます.

  

自由形式の言語入力

CDFテクノロジーの中核には,コンテンツ作成のためのパワフルで用途の広い Mathematica 言語があります.自由形式の言語入力により,Mathematica 言語でのプログラミングが平易な英語の入力と同じくらい簡単になりました.アイディアをタイプすると,簡単なプロットでも複雑な画像処理操作でも,システムがそれを変換してくれます.

組込みの知識:アルゴリズム

CDFテクノロジーには金融工学から計算生物学までの多数の科学・技術分野に特化されたアルゴリズムが組み込まれているため,CDFはほとんどすべてのトピックについて簡単に作成できます.専門的な機能がCDFの中核に統合されているので,コンテンツ作成者にはスムーズなワークフローを,読者には比類ない計算パワーを提供します.

  

組込みの知識:
計算可能データ

CDFを使うと,経済学,生命科学,地理学等の何百もの分野に渡る膨大な計算可能データにアクセスすることができます.常に更新され、細かく管理されている計算可能データにリアルタイムでアクセスすることで,CDFドキュメントは可能な限りライブで正確なものとなっています.

統合されたグラフィックスと可視化

CDFとその基礎となっている Mathematica プラットフォームは,世界で最も高度なグラフィックスと可視化の機能を提供します.インタラクティブな3Dグラフィックス,複雑な科学的プロット,包括的なビジネスチャート,グラフの自動可視化のすべてが完全に組み込まれており,すぐに使うことができます.

  

記号的ドキュメント

CDFテクノロジーではすべてが式であり,ドキュメント全体も式です.このためすべてがプログラムで操作することができます.CDFの記号的な基盤は多数の機能の根底となっています.例えば,CSSをはじめ,印刷やWeb用のプレゼンテーションとして,またアプリケーションとしてCDFを素早く開発することにまで及んでいます.



Select Language: enespt-brzhruko