Wolfram Finance Platformの新機能


最新バージョンのWolfram言語を基盤とするWolfram Finance Platform 2.2では,他に類のない計算,知識,インターフェース機能のベースがさらに拡張されています.

Finance Platform 2以降の主な新機能には以下のようなものがあります.

向上した時系列解析とランダム過程

Wolfram Finance Platformでは,時系列過程全体において,完全に自動化されたフィットと診断が行えるようになりました.また,ランダム過程のフレームワークをこれまで以上に拡張することで,市場の変動を予測したり,データ系列の相関を解析したり,市場力学についての仮説を検定したりすることが簡単になっています.

ドキュメント:時系列 »
ドキュメント:時系列過程 »
ドキュメント:ランダム過程 »

金融信号処理

株価,オプション価格,その他のタイプのデリバティブ等のエクイティ価格の動向を,組込みの信号処理機能を使って予測します.信号処理関数は,自動的に時系列と動作するようになりました.

ドキュメント:信号処理 »

データサイエンスと機械学習

統合された機械学習機能を使って,リスクを軽減し,アルゴリズムによる取引戦略を向上させます.Wolfram Finance Platformは,連想という基本的な新しい構造も導入しました.これは,キーと値を関連付けるもので,大規模データセットに対して非常に効率的なルックアップと更新を可能にします.

ドキュメント:機械学習 »
ドキュメント:連想 »
ドキュメント:構造化されたデータ集合の計算 »

高度に自動化された,計算駆動型のレポート生成

Wolfram Finance Platformはドキュメントを自動生成するための高度なツールを提供します.テンプレートを作成して,出力をカスタマイズすることができます.また,Wolfram Cloudでスケジュールし共有することのできる,インタラクティブなチャートや動的な計算を含むレポートも生成します.

ドキュメント:自動化されたレポート »
ドキュメント:データの可視化 »

統合された単体テスト

Wolfram Finance Platformに新しく統合された組込みのテストフレームワークを使うと,ソフトウェア開発プロセスが向上します.開発サイクルのどの段階でも,自分のコードのテストを作成し実行して,関数やアプリケーションが意図した通りに動作することを確認することができます.

ドキュメント:体系的な検定と検証 »

企業規模の配備

Wolfram Finance Platformを使うと,自分が作成したプログラムをクラウドに即座に配備することができます.API,インタラクティブなWebコンテンツ,モバイルアプリ等も作成できます.

ドキュメント:クラウド関数と配備 »

統合された有限要素法

Wolfram Finance Platformに組み込まれている有限要素法を使って,デリバティブ契約の価格付けを素早く正確に行ったり,他の量的金融に応用したりすることができます.

ドキュメント:有限要素法 »
ドキュメント:偏微分方程式 »

包括的なグラフ計算

Wolfram Finance Platformのグラフおよびネットワークの包括的な機能は,金融に対する新しいアプローチを提供し,市場データに直観的洞察をもたらします.

ドキュメント:グラフとネットワーク »
Wolfram Finance Platform 2の新機能 »


endeespt-brzhruko