Wolfram言語バージョン履歴

Wolfram言語 11.2   |   2017年9月 詳細 »

バージョン11.2は,音声および画像の処理,数学計算,タスク処理,機械学習等,Wolfram言語の最先端機能をさらに拡張するものです.

Wolfram言語 11.1.1   |   2017年4月 詳細 »

バージョン11.1.1ではバージョン11.1で見付かった重大な問題が解決されています.またパフォーマンス面でもさまざまな点が改善されています.

  • MacにおけるニューラルネットワークのGPUサポートの再有効化
  • HDF5形式に対する適切なサポートを含む,ニューラルネットワークの機能の更新と修正
  • LinearModelFitでのメモリ使用量の適正化
  • ListPlot3Dを使った描画の問題への対処
  • パックアレーの座標を持つ長方形に対する領域操作でクラッシュする問題の解決

Wolfram言語 11.1   |   2017年3月 詳細 »

バージョン11.1では,機械学習,ニューラルネットワーク,音声処理,ロバストな記述統計等の分野におけるWolfram言語の最先端機能が拡張されています.

Wolfram言語 11.0.1   |   2016年9月 詳細 »

  • LinuxにおけるAudioの新たなサポートと,すべてのプラットフォームにおける音声動作の向上
  • システムのクラッシュを引き起こしていたGraphics3Dの回転と拡大についてのバグの修正
  • GIFのインポート性能が大幅に向上
  • Plotにおけるリグレッション,およびParametricPlotParametricPlot3Dにおける大幅なスローダウンの修正
  • ListPlotのラベル付けとコールアウトの機能が想定通りに動作するようになった
  • Datasetとその関連機能の性能および安定性の向上
  • 英語のスペリング辞書に9千語以上を追加
  • TextRecognizeが,ドキュメントに記載のすべての言語を正しくサポート
  • WolframScriptがオプションとスクリプト名を区別できていなかった問題を修正
  • CenterArrayによって投げられる部分的評価とその他のエラーの修正
  • URLReadURLExecuteURLDownloadSetOptionsが利用可能に

Wolfram言語 11   |   2016年8月 詳細 »

3D印刷,音声処理,機械学習,ニューラルネットワーク等の新しく重要な分野の機能の他,多数の向上点が導入されています.

Wolfram言語 10.4.1   |   2016年4月 詳細 »

  • 最近のリリースで明らかになった重大な問題に対処
  • Graphics3DおよびManipulateによる描画,回転,動的操作等,グラフィックスの不安定と不具合を引き起こしたOpenGLの問題の解決
  • ListPlot [Table[…]]およびCoefficientRulesによって返される評価エラーの修正
  • ShowGeoGraphicsオブジェクトが利用可能に
  • Interpreterを使ったときのDateFormatのサポートを改善

Wolfram言語 10.4   |   2016年3月 詳細 »

  • Associationにおいて,パターンマッチングのサポートおよび多数の操作の大幅なスピードアップ
  • Entityを値および特性で陰的に定義することが可能に
  • 新しいCloudExpressionで,継続的にクラウドに保存される値を持つ式を表現
  • AskFunctionを使ってインタラクティブなアプリケーションを作成するための,試験的ユーザインターフェース機能
  • ListPlotListLinePlotDateListPlotでScalingFunctionsオプションを使うことで,スケールされたプロットの生成が可能に.また,新しいDendrogramでリスト要素の階層的クラスタリングから系統樹を構築することも可能に
  • スペルチェックおよび単語頻度分析のためのテキスト計算とデータの新機能と,大きく向上したTextSearchSnippet
  • PlanarGraph構造のためのグラフとネットーワークの新機能と,さまざまなグラフタイプについてのConnectedGraphComponentsの決定
  • 数値データ,テキストデータ,画像データ,日付と時間の中のクラスタに基づいたClassifierFunctionを生成する,試験的ClusterClassify
  • 記号計算の新関数DifferenceQuotientGreenFunction,および数論と信号処理のための追加機能
  • 配列からメッシュ構築したり,慣性モーメントや一般の積分モーメント,点集合の境界領域,パラメータ式により定義された領域の測定等の領域特性を計算したりするための地理的計算の形式と関数の追加
  • 新関数QuantityDistributionを含む,確率と統計におけるQuantityデータのサポートの拡張
  • パンやズームが可能な,動的でインタラクティブな2Dの地理的画像を作成する試験的DynamicGeoGraphics関数
  • 大きい画像をパンしたりズームしたりするための新しいDynamicImageインタラクティブ画像ビューアと,特定の領域を強調する,大きく拡張されたHighlightImage
  • LabeledラッパーやPlotLabelsオプションにより,いくつかの関数における関数およびデータのラベル付け機能が向上
  • Wolfram Data Dropと直接連動するArduino Yunのサポート
  • データ検索と解析のために,Google AnalyticsSurveyMonkeyFREDPubMed等,さらに7つの外部サービスとServiceConnectを使ってAPI接続
  • Interpreterおよび配備されたスマートフォームフィールドを含む関連構造で使用するための20以上の新しいインタープリタ型
  • Webおよび印刷物をよりカスタマイズしやすくするために24の新しいフォントファミリを追加サポート

Wolfram言語 10.3.1   |   2015年12月 詳細 »

  • WSTP (Wolfram Symbolic Transfer Protocol)を介した文字列送信時のパフォーマンスの修正
  • Image3DColorConvertHighlightImageを含む,画像処理機能の安定性の向上
  • 数値補間関数の評価におけるスピード低下の解消
  • JPEGとTIFFを含む,画像ファイル形式のより強固なインポート
  • TravelDirectionsおよびNearestのいくつかの引数に対して想定される動作の回復
  • DynamicModuleActionMenu,Frame関連機能を含む,ユーザインターフェースの多様なアップデート

Wolfram言語 10.3   |   2015年10月 詳細 »

  • MathematicalFunctionDataを介して,Wolfram言語の膨大な数学関数の恒等式および特性にアクセス
  • 移動時間,移動方法,関連データの計算のためのTravelDirectionsTravelDistance等,新しい地理的計算機能
  • 計算と開発で利用できる新しいAnatomyDataおよびインタプリタ型のAnatomicalStructure
  • 計算をより自動化し効率的に行うために,実体の特定のインスタンスをグループ化,コピー,特定することが可能に
  • ランダム行列分布およびランダム行列の特性のサポート
  • 比較演算子形GreaterThanLessThanEqualTo等を使った式の判定
  • 単語やアルファベットの文字列操作のため言語データが追加され,自然言語理解能力が向上
  • 時刻帯の表現と操作のための日付と時間の新機能
  • 偏微分方程式と固有値問題の記号解法のサポート
  • ホスト名検索,IPアドレス表記,ソケット接続のための,より便利なネットワークプログラミングオプション
  • 定義,品詞,翻訳等を含む,テキストの要素や構造を処理し解析するための拡張された機能
  • GoogleCalendarGoogleContacts,Yelpのデータ,学術研究のためのarXivおよびCrossRef等の新しいサービス接続オプション

Wolfram言語 10.2   |   2015年7月 詳細 »

  • 立体データおよび離散データを可視化するための新機能: SliceDensityPlot3DListStepPlot
  • 常微分方程式および偏微分方程式における固有値および固有関数の数値解法
  • テキストの検索と解析に関する新しい機能
  • 教師あり機械学習と教師なし機械学習をサポートする新メソッドおよび更新されたメソッド
  • MailReceiverFunctionおよびMailResponseFunctionによるメールの自動処理機能
  • Histogramにおける強度測定のサポートを含む,時系列と統計機能のアップデート
  • Nothingによる要素の自動削除を含む,リストおよび連想に対する操作の追加
  • パーミッション制御,スケジュールされたタスク,データのログ,ローカルオブジェクトに対して拡張されたクラウドの使用と配備オプション
  • トーンマッピング,異なる露出値の組合せ等の計算写真術のための画像処理技法
  • 基本領域およびメッシュ領域用に拡張された幾何計算機能
  • 多言語のAlphabet,多様な技術的文字セット等やエンコーディングも装備
  • 格段に向上したSTL のインポート/エキスポート,最新のJSONを含む,より多くの幾何学ファイルやデータファイルの形式のサポート

Wolfram言語 10.1   |   2015年3月 詳細 »

バージョン10.1は,パフォーマンス,取扱い分野,利便性を大幅に拡張するだけでなく,画像識別,ユーザ定義の文法規則の配備等の重要な新しいアルゴリズムに関する向上点もいくつか含みます.

バージョン10.1の新機能のリストはこちらでご覧ください »

開発者によるブログ »

  • ユニバーサルデータアキュムレータWolfram Data Dropのサポート
  • オブジェクトの自動認識:ImageIdentify
  • データの自動次元削減の組込み
  • 新しい情報可視化:WordCloudTimelinePlot,ゲージのテーマ
  • ユーザ定義の文法規則およびアクションに対するプログラム可能な言語学的インターフェース
  • CompoundElementおよびRepeatingElementを使った,複雑なフォームやインタープリタを構築するための新しい構造
  • 不規則な間隔の時系列に対する多様な操作のサポート
  • 数列の扱い,最大要素の抽出等のための新しいリスト操作
  • OpenSSLを使用した暗号化の言語レベルでのサポート
  • Wikipediaコンテンツへの組込みアクセス
  • 単語や文の分割を含む,31個の新しい文字列操作関数
  • バイト配列,RAW画像形式等の直接サポート
  • Arduino接続に対する簡素化されたサポート
  • Datasetのパフォーマンスと相互運用性の向上

Wolfram言語 10.0.2   |   2014年12月 詳細 »

Wolfram言語 10.0.1   |   2014年9月 詳細 »

  • 新しい画像効果,WatershedComponentsに対するImage3Dオプション,NearestFindClustersでの組込みの色サポートを含む,画像処理の更新と向上
  • SendMailのシンタックスが簡約化され,使いやすさが向上
  • DatasetQuery等の連想関数で使える新しい演算子とその組合せ
  • R 3.1に対応するRLinkの更新
  • "Beach","CountryClass","OilField","Reef"等の新しいInterpreterタイプ
  • 地理計算や地理領域に対する新たな最適化,サポートされる入力,経路タイプ
  • 機械学習関数のClassifyおよびPredictが組込みの分類法としてNeuralNetworkをサポート
  • すべてのプラットフォームにおけるスムーズなユーザインターフェース体験を可能にする安定性と性能の向上
  • SemanticImportでサポートされる範囲の拡張と,匿名列,空欄,ヘッダのないデータ,長いファイル名を持つファイルのインポートに対する最適化
  • 気象データ,連想,積分の記号解法,陰的領域の測定計算を含む多岐に渡る面での更新と向上
  • 一部のプロットやチャートタイプ,およびNDSolveParametricNDSolveSparseArrayMatrixExpを含む数値ソルバの安定性および性能の向上

Wolfram言語 10.0.0   |   2014年7月 詳細 »

  • さまざまなタスクに対して事前に訓練されたモデルを含む,高度に自動化された機械学習
  • 記号幾何学,メッシュベースの領域,名前付きおよび公式の領域を含む,統合された幾何学的計算
  • 地図作成のための新しいパワフルなGeoGraphics関数を含む,高度な地理計算
  • 構造化されたデータ集合や意味的データのインポートによる計算
  • 自然言語入力を理解するパワフルなフォームを作成し,Web上に配備する機能
  • 基本的な新しい連想構造により,非常に効率的なルックアップと更新が可能に
  • 隠れマルコフモデルや自動化された時系列分析を含む,ランダム過程フレームワークの拡張
  • 日付や時刻を記号的に表したり,それに対して計算を実行したりするための柔軟なシステム
  • ビジネスレポートから技術論文まで,特定の読者に適したプロットが簡単に作成できる組込みのプロットテーマ
  • 色サポートの拡張を含む2Dおよび3D画像処理の向上
  • 非線形制御系と改善された信号処理
  • 有限要素分析,向上した偏微分方程式,記号的遅延微分方程式,ハイブリッド微分方程式
  • 形式的数学演算子,次元変数,拡張された代数およびグラフの計算
  • 自動レポート生成と文字列,ファイル,HTMLのテンプレートの作成
  • 外部デバイス,サービス,API,URL操作を扱うための接続性
  • 組込みの単体テスト
  • Wolfram Cloudとの統合
  • 拡張されたWolfram Knowledgebaseへのアクセス
  • その他

Wolfram言語 9.0.1   |   2013年1月 詳細 »

  • Image3Dの機能拡張を含む,画像処理関数の性能と安定性の向上
  • Linuxの環境設定におけるインストールのワークフローと安定性の向上
  • 数多くのランダム過程関数の性能とロバスト性の増大

Wolfram言語 9.0.0   |   2012年11月 詳細 »

  • グラフィックスや数値・記号計算における自由形式言語入力,変換,次元の一貫性のチェック等を含む,高度に統合された単位のサポート
  • Facebook,LinkedIn,Twitter等への組込みのリンクを含む,新しいグラフとネットワークの分析機能
  • 生存分析と信頼性分析,マルコフ連鎖,待ち行列理論,時系列,確率微分方程式等の,主要なデータサイエンス,確率,統計の新機能
  • 3D立体画像処理機能と,非常に大きな2Dと3Dの画像やビデオでの性能をスケールアップしたアウトオブコアのテクノロジー
  • アナログおよびデジタルの信号処理の統合
  • あらゆる階数,次元,対称性の配列もサポートする組込みの記号テンソル
  • ダッシュボードやコントロールのための,高度にカスタマイズ可能なインタラクティブゲージ
  • プロットやチャートのための自動凡例付けをシステム全体でサポート
  • Wolfram言語へのRの完全な統合により,データやコードの交換がシームレスに
  • リモートサーバとのデータ交換およびWeb APIとのインタラクションのための完全なクライアントサイドWebアクセス
  • その他

Wolfram言語 8.0.4   |   2011年10月 詳細 »

  • プログラムを使ってCDFファイルを配備することができる新関数,CDFInformationおよびCDFDeploy
  • 大規模データを記憶する際にShare関数が使用するメモリ量の改善
  • アップデートにより性能が向上したMKLライブラリ
  • 引用のための関数の機能向上
  • コンパイルされた条件文に使われる最適化された変数の動作の改善

Wolfram言語 8.0.1   |   2011年3月 詳細 »

  • アフィン変換,変数の和,母数混合分布,打切り分布,切断分布を含む,派生分布に対する新しい自動簡約化
  • 整数の大きいリスト(100万個以上の要素)を取るDotの結果が向上
  • Intel Math Kernel Libraryの新バージョンにより,安定性が向上
  • 多数のグラフおよびネットワーク操作における性能とロバスト性の改善
  • 特定の特殊なネットワーク条件の下におけるMathLink TCPIP接続の確立が向上
  • Realおよび"Real33"画像のTIFFへのエキスポートが改善され,より多くの外部TIFF画像ビューアに対応するように

Wolfram言語 8.0   |   2010年11月 詳細 »

  • Integration with Wolfram|Alpha
  • 確率と期待値の自動計算
  • 100を超える新しい統計分布と多くの統計可視化
  • データ,式,別の分布から直接新しい統計分布を生成
  • グラフ,ネットワーク,線形代数機能の向上
  • 60種類以上のエキゾチックオプションソルバと,100種類を超える組込みの財務指標
  • 組込みの制御系機能
  • 拡張された画像解析機能
  • 統合されたウェーブレット解析
  • CUDAとOpenCLの組込みサポート
  • Cコードの自動生成
  • Symbolic Cコード操作と最適化
  • テクスチャマッピングとハードウェアアクセラレーションを使った3D描画を含む,拡張された2Dと3Dのグラフィックス
  • その他

Wolfram言語 7.0.1   |   2009年3月 詳細 »

  • コアとなる画像処理関数の性能アップ

Wolfram言語 7.0   |   2008年11月 詳細 »

  • 組込みの並列高性能計算(HPC)
  • 統合された画像処理
  • ゲノムデータ,タンパク質データ,現在および過去の気象データを含む,精選されたオンデマンドデータ
  • ユーザビリティおよび生産性に関する多数の機能
  • 図表および情報の可視化
  • ベクトル場の可視化
  • NURBSを含む包括的なスプラインのサポート
  • 強力なブール計算
  • 統計モデル解析
  • 統合された測地およびGISデータ
  • 離散微分・積分,配列認識,超越根を含む多数の記号計算機能の飛躍的な向上
  • その他

Wolfram言語 6.0.3   |   2008年6月 詳細 »

  • MatrixFormTableFormのオプション処理の改善
  • ListPlotのオプション処理の改善
  • AxesLabelTicksの組合せ処理の改善
  • Protein Data Bank (PDB)での空白のない数値データのインポート処理の改善
  • LightWave Object (LWO) のエキスポートにおけるwinding(巻き数)をより業界の標準として支持される形式へ変更

Wolfram言語 6.0.2   |   2008年2月 詳細 »

  • MacおよびUnixにおけるImport/Exportコンバータの性能アップ
  • 格段にスピードアップしたバイナリデータファイルのインポート
  • グラフィックスをTeXおよびPDFにエキスポートする際の処理の向上
  • FITS天体画像ファイルからのメタデータのインポートの改善

Wolfram言語 6.0.1   |   2007年7月 詳細 »

  • インターネット接続のための自動/手動プロキシ設定の向上
  • MacおよびUnixシステムで格段に向上したWSTP (Wolfram Symbolic Transfer Protocol)のパフォーマンス
  • さまざまなImportおよびExportコンバータの性能アップ
  • 多数の点を使うListPlotListPlot3DPlot3Dがより高速に
  • Importにおけるファイルタイプ自動認識の拡張
  • スケールされたFontSizeの値の完全サポート
  • Table,CSV,TSV,MathMLインポートの改善
  • 精選されたデータのアップデート

Wolfram言語 6.0   |   2007年5月 詳細 »

  • 1行の入力行から高度なインタラクティブインターフェースが作成できる動的インタラクティブ機能
  • 高性能関数およびデータグラフィックスの自動作成のための高インパクト適応型可視化機能
  • 何百もの標準データ形式の自動統合を含む,データ統合のためのフレームワーク
  • 数学,物理学,化学,金融,地理,言語学等のためのロードオンデマンドデータ
  • 簡単なプログラムから任意のインターフェースを即座に作成する記号的インターフェース構築
  • 視覚的表現に対してアルゴリズムが最適化された,自動計算美学
  • アクティブなグラフィックス・コントロールと流れるテキスト・入力との統合
  • その他

Wolfram言語 5.2   |   2005年7月 詳細 »

  • 全プラットフォームでの64ビットアドレッシングのサポート
  • 主要プラットフォームでのマルチコアのサポート
  • マルチスレッドの数値線形代数計算
  • 64ビットに向上した任意精度数値
  • ベクトルベースのパフォーマンス向上
  • バイナリインストールの自動選択
  • リモートカーネルとの接続をセキュアにするSSHサポート
  • vCardとRSSインポート
  • 記号的な微分方程式のための新たなアルゴリズム
  • 線形ディオファントス系におけるパフォーマンスの向上
  • 2次方程式の量限定子除去の向上
  • 高レベル特殊関数での特異ケースのサポート
  • 統計図表の向上

Wolfram言語 5.1   |   2004年11月 詳細 »

  • 頑強な文字列操作
  • ビルトインの汎用データベース接続機能
  • 高度に最適化されたバイナリデータI/O
  • インポート・エキスポート形式へのXLS,AVI等の追加
  • 統合されたWebサービスのサポート
  • 2Dおよび3Dの自動ネットワーク視覚化
  • 配列の高性能視覚化
  • 数値線形代数の性能の強化
  • 完全に統合された区分関数
  • 陰的に定義された領域上の積分
  • 数値微分方程式でのイベント操作
  • 記号的微分方程式の新アルゴリズム
  • クラスタ分析機能
  • 組込みのGUIKitインターフェース,アプリケーションビルダ

Wolfram言語 5.0   |   2003年6月 詳細 »

  • プロセッサに最適化された数値線形代数による記録的な計算速度
  • 疎行列の高速操作の完全サポート
  • 常・偏微分方程式のための最適化された新世代数値ソルバ
  • 異なる領域に渡る方程式と不等式を記号的に解くための新たな主要アルゴリズム
  • 微分代数方程式のための完全に統合されたソルバ
  • 内点法を含む高性能の最適化と線形計画法
  • ベクトルと一般配列変数を取るより一般化された数値ソルバ
  • 再帰方程式のための業界最高のソルバ
  • 記号計算における前提条件のより広範に渡るサポート
  • Microsoftの.NET Frameworkとの完全統合を提供する.NET/Link
  • DICOM,PNG,SVGおよび疎行列形式の柔軟なインポート/エキスポート

Wolfram言語 4.2   |   2002年6月 詳細 »

  • J/Link 2.0と組込みのJava Runtime Engineで透過的なJavaとの統合
  • 線形計画法と最適化の向上
  • 多くの数値関数がスピードアップし,さらに強固に
  • 簡約化の向上
  • 新しいANOVAパッケージを含む,統計機能の改善
  • 新しくなった組合せ論とグラフ理論のためのパッケージ,Combinatorica
  • 技術出版のための新パッケージ,AuthorTools
  • FITSとSTDSを含む,新しいインポート/エキスポート形式
  • XMLの拡張により,Wolfram言語の式がXMLとして保存可能に
  • シンボリックXMLの操作のための新パッケージ,XMLツール
  • スタイルシートを含む,XHTMLエキスポートのサポート
  • 拡張されたMathML 2.0のサポート

Wolfram言語 4.1   |   2000年11月 詳細 »

  • 大幅に改良された記号微分方程式のソルバ
  • Wolfram言語のパターンマッチやコンパイラの改良によるスピードアップとメモリ消費量の減少
  • 不等式で定義された領域上や区分的関数の積分のための新標準パッケージ
  • 統計関数の劇的なスピードアップ
  • 線形システムを定義する方程式と行列との変換
  • J/Link 1.1によるJavaの統合
  • Web上でのMathML の統合の強化
  • IBM techexplorer形式の保存をサポート
  • Excelファイル,表データ,圧縮したBMP,DXF,STLファイル用の新しいインポート・エキスポートフィルタ
  • LinuxとUnixプラットフォーム上でのリアルタイム3Dグラフィックスのサポート
  • 不等式で定義された領域でのグラフィックスのプロットのためのルーチン
  • 離散三角変換パッケージ

Wolfram言語 4.0   |   1999年5月 詳細 »

  • 数値計算でのスピードアップと効率性の幅広い強化
  • さまざまな形式でのドキュメントの出版
  • 20種類以上に及ぶデータ,画像,サウンドファイル形式のインポートとエキスポート
  • 相関とたたみ込みを含む,データ解析のための拡張された対象と改良された関数,および,新しいフーリエ変換アルゴリズム
  • 代数的領域での限定した計算法のサポート領域での限定した計算法のサポート
  • Wolfram言語の組込み関数の強化

Wolfram言語 3.0   |   1996年9月 詳細 »

  • インタラクティブな数式のタイプセットシステム
  • 代数的数
  • 機械精度数の配列を扱えるように拡張されたWolfram言語のコンパイラ
  • Levenberg–Marquardt法による非線形最小2乗フィットのサポート
  • 改良された補間法(数値常微分方程式の解を求める上で重要)
  • 区間演算
  • 式の簡約化と変換のための新関数
  • 最適化されたグレブナー基底関数
  • 数多くの新しい特別関数
  • 例外ベースのプログラミングフローコントロール

Wolfram言語 2.2   |   1993年6月 詳細 »

  • Windows用のWSTP (Wolfram Symbolic Transfer Protocol)
  • アイソコンタープロットルーチンの追加
  • 1次偏微分方程式の記号解のためのパッケージの追加
  • 3D等高線プロット,変分型微積分、音楽等のための10のパッケージの追加
  • 方程式の疎な線形系の数値解の速度の向上
  • 積分不可能な特異点のテストを含み積分領域での分枝切断を扱う記号的な定積分

Wolfram言語 2.1   |   1992年6月 詳細 »

  • 等高線プロットアルゴリズムのアップグレード
  • Unix用のWSTP (Wolfram Symbolic Transfer Protocol)の改良
  • Macintosh用のWSTP (Wolfram Symbolic Transfer Protocol)
  • 非線形フィット,バイナリファイル操作,ディラックのデルタ関数,サウンド合成等のための新パッケージ

Wolfram言語 2.0   |   1991年1月(初の主要改定) 詳細 »

  • 数値常微分方程式ソルバ
  • 数値コンパイラ
  • 線形代数の改良
  • Integrateでのリッシュの算法の実装
  • 記号常微分方程式ソルバ
  • 多くの特殊関数への級数の拡大
  • ParametricPlot3D の追加
  • グラフィックスにおける多くの装飾機能の追加
  • 3Dグラフィックスにおける隠面除去の向上
  • 多くの文字列・ファイル操作
  • プロセス間およびネットワークベース通信のためのWSTP (Wolfram Symbolic Transfer Protocol)プロトコル
  • サウンドのサポート
  • 英語以外の文字のサポート
  • エラー検出とデバッグ

Wolfram言語 1.2   |   1989年8月 詳細 »

  • リモートカーネルのサポート
  • 大幅に改良された記号積分
  • DSolveによる初歩的微分方程式の求解機能
  • 明示的な逆関数の使用が必要な超越方程式および他の方程式での求解
  • 厳密な補間多項式
  • LinearProgramming,ConstrainedMax,ConstrainedMinの追加
  • MatrixPowerとMatrixExpの追加
  • グレブナー基底の追加
  • Det,Inverse,LinearSolveへのモジュールオプションの追加
  • StatisticsおよびGraphics標準パッケージの追加
  • 3Dグラフィックスのラベル等を含む多くの新しいグラフィクスオプションと機能
  • 多変量多項式の最大公約数と因数分解をより効率的に求める

Wolfram言語 1.0   |   1988年6月 詳細 »

  • 初代Wolfram言語のリリース
de en es fr ko pt-br zh