ハードウェアを共有する簡単な方法

Wolfram Lightweight Grid Managerはリモートコンピュータ上の Mathematica 計算カーネルを見付け,それに接続することを簡単にします.

Wolfram Lightweight Grid Managerにより,アイドル状態のハードウェアおよびソフトウェアのリソースが直ちにワークグループ全体で利用できるようになるため,Mathematica の並列タスクにより多くのCPUを使うことができます.Wolfram Lightweight Grid ManagerはgridMathematica に含まれており,Premier Service の無料特典として他の Mathematica ライセンスに対して利用することができます.Wolfram Webストアからご購入いただくこともできます.


Wolfram Lightweight Grid Managerの仕組み
発見
発見
バージョン7以降の Mathematica すべてに組み込まれているWolfram Lightweight Grid Clientを使うと,ローカルネットワーク上で利用可能となっているコンピュータをすぐに確認することができます.ただ使いたいコンピュータを選び,それぞれのコンピュータで実行する Mathematica 計算カーネルの数を選ぶだけです.

取得
取得
一旦グリッドが設定されると,並列タスクは利用できるすべてのカーネル全体に自動的に振り分けられます.ローカルおよびリモートのタスクのスタートアップ,通信,障害回復,シャットダウン,待ち行列はすべて自動化されています.ハードウェアすべてを組み合せたCPUが,ユーザのデスクトップにある Mathematica からシームレスに利用されます.

管理
管理
誰がどのマシンにアクセスでき,それぞれのマシンでいくつの Mathematica 計算カーネルが実行できるようにするかを決め,コンピュータを管理することができます.ログツールにより使用状況を監視し,潜在的な問題を見付けることができます.これらがすべてWebインターフェースで管理できるのです.
Using the Wolfram Lightweight Grid System
スクリーンキャスト:
Using the Wolfram Lightweight Grid System


Select Language: enes