応用分野

組込みの金融計算

Mathematica に古典的金融および現代金融の問題を解くためのツールが加わった.この機能により,包括的なデリバティブ計算,債券価格や感度測定の計算,貨幣の時間的価値の高度な計算を行うことができる.Mathematica は多数の金融および経済データに直接アクセスすることができ,外部データを操作するための金融インポート・エキスポートツールも備えている.

  • 包括的なデリバティブ計算 »
  • エキゾチックデリバティブの他,ヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルもサポート
  • ギリシャ指標および予想変動率の計算
  • 貨幣の時間的価値を記号的にも数値的にも計算 »
  • 一括金,年金,連続あるいは離散のキャッシュフローの査定機能
  • 連続時間過程,離散時間過程,期間構造を含む場合の金利計算
  • 包括的な債券計算と評価 »
  • 債券の感度測定,経過利子,予定の計算
  • 連続時間および離散時間の金利(クーポン)プロセスのサポート
  • Mathematica の統計および可視化フレームワークと金融関数とのシームレスな統合
金融関数の密接な統合 »数値評価の制御 »エキゾチックオプション契約 »
ギリシャ指標の計算 »応用 »記号的なパラメータの入力 »
値を任意変数の関数としてプロットする »指定された変数の解を求める »払戻額が大きくなる資産 »
金利と支払いプロセスの組合せ »金融変数間の関係をプロットする »期間構造から直物相場を抽出する »
連続支払いプロセスを使う »統計フレームワークとの統合 »


Select Language: enespt-brzhruko