ソフトウェア開発

コンパイラ性能の向上

新しいコンパイラテクノロジーは,自動化されたコード生成とリンキング,およびマルチコアの自動並列化という2つの新技術を使って,Mathematica 言語から直接実行する性能を最適化する.この最適化により Mathematica の高速アプリケーション開発ワークフローが向上し,究極の高性能実行を必要とする最終配備が可能になる.

  • コンパイルされた関数からC言語のコードを自動生成し,リンクする »
  • コンパイルされた関数に使えるマルチコアの並列化 »
  • コンパイルされた関数を入力引数に縫い込むリスト可能操作が使える »
  • Mathematica コードのコンパイルを制御する新しいオプション »
  • コンパイルされた関数の実行を制御する新しいオプション »
  • Mathematica コンパイラの使用に関する充実したチュートリアル »
  • Mathematica のコンパイルされた関数のバイトコードを調べるためのツール »
  • コンパイルされた関数はC言語のコードにエキスポートしてスタンドアロンの操作が実行できる »
  • 並列実行しているコンパイルされた関数は,共有リソースへのアクセスを自動的に同期する
  • 並列実行しているコンパイルされた関数は,効率のよい並列メモリ割当てを使う
  • コンパイルされた関数は,他のコンパイルされた関数からインラインコードを挿入することができる »
  • コンパイルされた関数は他のコンパイルされた関数を効率よく呼び出すことができる »
ジュリア集合を調べる »マルチコアの操作 »マンデルブロ集合を調べる »
Compileから外部ライブラリ関数を呼び出す »Mathematica 仮想マシンの内部構造を研究する »仮想マシンの自動最適化 »
Mathematica 関数による内部的な使用 »乱数生成 »Compileを使って手続き的にテクスチャを生成する »
IN THE NEWS...

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko