ソフトウェア開発

CUDAとOpenCLのサポート

Mathematica 8はCUDAおよびOpenCLを使った一般的な計算のためのGPUデバイスを備え,劇的な性能の向上を実現している.Mathematica 8には線形代数,画像処理,金融シミュレーション,フーリエ変換等の分野のGPU対応関数が組み込まれている.この他,CUDAおよびOpenCLのプログラムを構築し,Mathematica カーネルにロードするためのフレームワークも含まれている.Mathematica 8は現在の市場で最も包括的で使いやすい,GPUプログラミングと計算の高レベルインターフェースを提供する.

  • Mathematica に組み込まれたコアとなるコンポーネントとして統合 »
  • 線形代数,金融計算,画像処理のために手作業で最適化されたGPU関数 »
  • ユーザ定義のCUDAおよびOpenCLのプログラム,バイナリ,ライブラリをロード »
  • CUDAおよびOpenCLのプログラムをプラットフォーム非依存でコンパイルする方法 »
  • CUDAおよびOpenCLのプログラムを記号的に生成 »
  • Mathematica のパクレットシステムを使って必要なユーザソフトウェアを得て,簡単に設定できる »
  • OpenCLLink でNVIDIAおよびATIのハードウェアをサポート »
  • 倍精度,単精度のどちらもサポートするCUDA計算アーキテクチャ1.0から2.0が使用可能 »
  • CUDALink および OpenCLLink はシステム上ですべてのGPUが使えるようスケールされる »
  • リモートカーネルを使ってネットワーク上で CUDALink または OpenCLLink を使う
  • gridMathematica を使って複数のマシン上で CUDALink または OpenCLLink をスケールする »
  • Mathematica 8テクノロジーの上に構築された LibraryLink,CCompilerDriver,SymbolicC »
CUDAおよびOpenCLのデバイス情報のクエリ »Mathematica の広範囲に及ぶインポート・エキスポート機能を使う »GPUで向上する画像処理機能 »
GPUで向上する高速フーリエ変換 »Mathematica の組込み関数との統合 »GPUで向上した線形代数 »
GPUで向上した金融計算 »何千個もの粒子のシミュレーションをリアルタイムで行う »Dynamicとの統合 »
Manipulateとの統合 »リアルタイムのボリュームレンダリング »記号的グラフィックスプリミティブを使って,結果を可視化する »
その場でコード生成 »記号的プログラム作成 »単精度から倍精度への自動変換 »
Mathematica 関数として動作するロードされたGPUプログラム »複数のGPU関数に最適化された起動 »ロードされたプログラムに関する情報を得る »
CUDAおよびOpenCLメモリのインターフェース »GPUメモリに関する情報を得る »CUDAおよびOpenCL型のネイティブサポート »
現実世界についての広範な応用例題 »複数デバイスのサポート »ネットワーク全体でスケール可能 »
CUDAとOpenCLのプログラムを記号的に作成する »CUDAとOpenCL間の簡単な変換 »CUDAプログラムをライブラリ,実行ファイル,PTX,CUBINにコンパイルする »
ユーザソフトウェアの自動ダウンロードと設定 »充実したドキュメント »
IN THE NEWS...

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko