ソフトウェア開発

ダイナミックライブラリのロード

Mathematica 8ではCおよびC++の外部ライブラリの動的リンキングが導入されており,ライブラリ関数が Mathematica 言語に完全に統合されている.関数が低コストで呼び出せ,メモリ使用も少なくて済むためオーバーヘッドが最小限に抑えられ,Mathematica の他の高レベル計算および開発機能で外部ライブラリを使うことが可能となっている.

  • Mathematica に外部コードを統合する新しい方法 »
  • どのプラットフォームでも同じ Mathematica コマンドでダイナミックライブラリを操作
  • Mathematica とダイナミックライブラリの間でデータが共有できる »
  • ライブラリを Mathematica と統合するためのC言語関数 »
  • MathLink を使うと Mathematica 式とライブラリのやり取りが可能 »
  • プラットフォームにかかわらず自動でダイナミックライブラリの名前を解決し場所を提供する »
  • Mathematica アプリケーションでダイナミックライブラリを配布するメカニズム »
  • Mathematica から直接ダイナミックライブラリを構築するための,プラットフォーム非依存のツール »
  • ライブラリのバージョン情報とロードエラーを調べる診断ツール »
  • Mathematica 8テクノロジーが外部ライブラリへの素早いアクセスを提供するために利用 »
C言語のコードへの高速アクセス »多数の組込み例題 »外部のCライブラリを呼び出す »
NDSolveとの統合 »Mathematica で外部ライブラリを呼び出す »500行未満のコードでビデオプレーヤを構築 »


Select Language: enespt-brzhruko