応用分野

グラフとネットワークのモデル化

Mathematica 8では,グラフおよびネットワークのモデル化と可視化のための重要な新機能が導入されている.バージョン8は,小さい図表的なものから大きい複雑なものまで,さまざまなグラフを作成し,ラベル付けし,スタイルを付けるための便利な記号的メカニズムを提供する.すべての機能が Mathematica のユニークなプログラム可能性やグラフィックス,動的インターフェースと完全に統合している.

  • グラフやネットワークのモデル化のための機能が使えるように拡張された最新のプラットフォーム »
  • グラフとネットワークの一般的で効率的な表現 »
  • 無向辺に対するタイプセット記号(aUndirectedEdgeb)と,有向辺に対するタイプセット記号 (aDirectedEdgeb) »
  • 視覚的形式のグラフィックスを入力として直接,あるいはプログラムに入れて使うことができる
  • 注釈やアクションをグラフ要素に関連付ける記号的なラッパーメカニズム
  • 拡張可能なグラフ構築関数のコレクション »
  • 何千もの既知の名前付きグラフについての特性データベースにすぐにアクセス可能 »
  • 経験的グラフおよびネットワークの拡張可能なコレクションをロードオンデマンドで提供 »
  • ランダムグラフモデルの直接サポート »
  • グラフのスタイルおよびラベル付けの即時サポート »
  • アルゴリズムによる美学メソッドを使ったグラフレイアウトの自動化
  • どのようなグラフ要素に対してもツールチップ,ポップアップ,ボタン,イベントハンドラ等をサポート
  • 辺,頂点の形状,グラフスタイルについての組込みライブラリ
  • グラフ要素の強調とラベル付けを使った情報の可視化 »
  • グラフスタイルとレイアウトが簡単に選べるコンテキストメニュー
  • Mathematica 関数により決められるスタイルとその他の属性のサポート
  • グラフおよび行列の一般的なインポート・エキスポート形式すべてを包括的にサポート »
  • グラフおよびネットワークを Mathematica に完全に統合
意味ネットワークの構築 »分子グラフの作成 »画像からグラフへ »
構造をグラフに符号化 »食物網の構築 »ロードオンデマンドの経験的グラフ »
生物化学ネットワークの構築 »パラメータ化されたグラフ族 »精選されたグラフコレクション »
ランダムグラフモデルの作成 »Webの構造 »グラフ形式のインポートとエキスポート »
頂点形状の組込みライブラリ »辺の形状の組込みライブラリ »グラフ要素の強調 »
グラフスタイルのコレクション »自動化されたグラフレイアウト »非連結成分をまとめる »
グラフコンテキストメニュー »好みのグラフスタイルを作成する »グラフの変更 »
グラフの操作 »変換を図示する »ブール操作 »
頂点および辺のラベル付けのカスタマイズ »グラフ内部の任意の式 »ウェーブレットパケット木の可視化 »
IN THE NEWS...

Dr Dobb's:

"A tremendous accelerator for developers"

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko