グラフィックスと可視化

科学および情報の可視化の新機能と改善機能

Mathematica 8では科学および情報の可視化機能が強化されている.その一例として, カスタム描画を行うことができる一変数および二変数の離散関数の可視化用に特化されたサポートがある.チャート作成関数には,新しいペアの棒グラフ,新しいチャートエレメント関数,スケーリング関数のサポートが含まれるようになっている.Mathematica 8には制御系およびウェーブレットの可視化に特化されたサポートの他,可視化関数におけるテクスチャおよびカスタムテクスチャマッピングのサポートも導入されている.

  • 一変数および二変数離散関数の新世代の可視化 »
  • 離散関数の描画を行うための離散の拡張要素関数のライブラリ
  • 新しいペアの棒グラフ »
  • 棒グラフ,ヒストグラム,バブルチャート等でのスケーリング関数のサポート »
  • 3D棒グラフ等に対する新しいチャートエレメント関数
  • 曲面可視化関数におけるテクスチャのサポート »
  • 可視化関数に対して完全にカスタマイズ可能なテクスチャマッピング »
  • 根追跡プロットおよびボード(Bode)線図等の制御系の可視化 »
  • スカログラムおよび画像プロット等のウェーブレットの可視化 »
領域を離散点と関連付ける »領域を3Dの離散点と関連付ける »一変量でのExtentElementFunctionのいろいろな値 »
二変数でのExtentElementFunctionのいろいろな値 »拡張領域境界の制御 »3Dの拡張領域境界の制御 »
一変量離散分布関数の可視化 »二変量離散分布関数の可視化 »リーマン(Riemann)和の可視化 »
リーマン和の3Dの可視化 »人口ピラミッドの作成 »曲面や領域にテクスチャを適用する »
テクスチャのスケールと配置の制御 »曲面上で勾配磁場を示す »スケールされたヒストグラムの作成 »
スケーリング関数のカスタマイズ »曲面上に追加情報を加える »根軌跡プロットの作成 »
ナイキスト(Nyquist)線図の作成 »ボード(Bode)線図の作成 »ニコルス(Nichols)線図の作成 »
スカログラムによるウェーブレットの可視化 »離散ウェーブレット変換の行列プロットの作成 »離散ウェーブレット変換の画像プロットの作成 »

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko