動作環境

クロスプラットフォームの計算パワー

Mathematicaは最新のオペレーティングシステムおよびハードウェアに最適化されているので,お好きなシステムがお使いになれます.

ハードウェアの仕様

  • プロセッサ: Intel Pentium Dual-Coreまたはこれと
    同等のもの
  • 空きディスク容量: 14GB
  • システムメモリ (RAM): 2 GB+(推奨)
  • インターネットアクセス:Wolfram Knowledgebaseからのオンラインデータリソースを使用する場合に必要です.

利用可能な
プラットフォーム

OpenCL, NVIDIA CUDA

Mathematicaに組み込まれたGPUの計算機能を使うためには,NVIDIA,AMD等で製造されているカードのように,OpenCLかCUDAをサポートする倍精度のグラフィックスカードが必要です.

Microsoft Windows

32ビット

64ビット

Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
Windows Server 2016

Windows Server 2016は64ビットシステムのみをサポートします.

Windows Server 2012

Windows Server 2012は64ビットシステムのみをサポートします.

Windows HPC Server 2008 R2

Windows HPC Server 2008 R2は64ビットシステムのみをサポートします.

Windows Server 2008 R2

Apple Mac

64ビット

macOS 10.14 (Mojave)*
macOS 10.13 (High Sierra)**
macOS 10.12 (Sierra)***
OS X 10.11 (El Capitan)
OS X 10.10 (Yosemite)
OS X 10.9 (Mavericks)

* Mathematica 11.3.0以降
** Mathematica 11.2.0以降
*** Mathematica 11.0.1以降

Linux

64ビット

Ubuntu 12.04–17.10
RHEL 6–7
CentOS 6–7
Debian 7–9
openSUSE 12.1–13.2/Leap 42.3
Fedora 14–27

Mathematica 11.3は上記のLinux製品で完全にテストされています.新しいLinux製品では,追加の互換性ライブラリをインストールする必要がある場合があります.Linuxカーネル2.6以降に基づくその他の製品ではほとんどの場合Mathematicaは問題なく動作します.

MathematicaはX Window Systemフロントエンドをサポートしており,主要なLinuxデスクトップ環境KDEで使われるのと同じQtアプリケーションフレームワークをユーザインターフェースとして使っています.エンタープライズおよび人気の高いオープンソースのLinux製品の両方で通常のテストが行われています.

注意:
新しいコンピュータへのMathematicaの移行についてのご質問は,カスタマーサービスまでご連絡ください»
MathematicaのCコンパイル機能をお使いになるためには,Cコンパイラがなければなりません.
Mathematica 10から11.2までの動作環境につきましては,Wolfram製品の動作環境ページをご覧ください.

設定についてのご質問はこちらまでご連絡ください»

de en es fr ko pt-br ru zh