Company

金融ツールとして「独特の機能を持つ」 Mathematica

新世代の金融プロフェッショナルは新たな方法でスキルを学んでいます.Mathematica は今では多くの機関で学生とプロフェッショナルに金融トレーニングを提供する不可欠なツールとなっています.イギリスを本拠とするNorwich Union,米国連邦準備金,オックスフォード大学等の,大企業,政府機関,トップクラスのファイナンススクールのすべてで Mathematica はトレーニングと実務の両方で使われています.どうしてでしょうか?それは,Oxford System Solutionsのディレクターであるウィリアム・シャウ(William Shaw)博士がその最新の著書の序文で語っているように「Mathematica が金融モデリングツールとして独自の機能を備えている」ことが皆に認められているからです.

シャウ博士は,自分の数学のモデリングコンサルタント会社を導く傍らオックスフォード大学のベリオールカレッジ(Balliol College)で応用数学を教えていますが,「Mathematica は記号計算,高度な数値計算アルゴリズム,2D,3Dおよびアニメーションによる可視化,簡単なプログラミング,専門的なタイプセットのすべてを1つの環境で組み合せる数少ない成熟したソフトウェアシステムのひとつです.Wolfram Researchの金融・経済製品のマネージャーであるTodd Stevensonは「このうちのいくつかをうまくこなせるソフトは他にもありますが,Mathematica のようにすべてができる製品は他にはありません.無論,Mathematica ほどパワフルかつ柔軟で取引の場で使えるほど高速な物もありません」と語っています.

金融の世界で Mathematica を使う人が増えている上記とは別の効果,あるいは原因として,世界でもトップクラスのファイナンススクールの必修科目として Mathematica に基づいたコースが含まれていることが挙げられるでしょう.オックスフォード大学,ロンドン大学のインペリアルカレッジ(Imperial College),コロンビア大学等の数学や金融関連の大学院生を対象にしたプログラムでは授業に Mathematica を使っています.オックスフォード大学,ロンドン大学のインペリアルカレッジ(Imperial College),コロンビア大学等の数学や金融関連の大学院生を対象にしたプログラムでは授業に Mathematica を使っています.

「このコースの要求水準は極めて高いのですが,1年の終りには我々学生は非常に多くを学んでいます」とコロンビア大学金融工学博士課程に在学中のErwann Rogardは語っています.Rogardが最近取ったコースではシャウ博士の著書である「Modelling Financial Derivatives with Mathematica」が使われました.

すでに実業の世界にいる人にとっても,さまざまな専門的能力の開発や免許を取るためのコースで Mathematica は広く使われるようになってきました.北米保険計理士協会(The North American Society of Actuaries)では,2000年のセミナーシリーズの一環として Mathematica を使ったいくつかのコースを現在提供しています.そして,世界的な学術・職業団体であり技術系企業の雇用者に対する技術・管理者教育を提供してもいる英国物理学会では,今回で3回目となる Mathematica に基づいた定量金融学のコースシリーズを9月に再び開催することになりました.

多くの金融工学者,アナリスト,リスクマネージャーにとって Mathematica はグローバルスタンダードになっています.他にも英国のUNICOMArbitrage Research and Trading (ART),ドイツのCANdienstenADDITIVE GmbHWeber & Partner Financial Technology,その他数多くの新しい国際的な企業が Mathematica を金融トレーニングやコンサルティングに使っています.

金融に関する特定のトレーニングについての情報はWolfram Researchカレンダーをご覧ください.金融プロフェッショナルにとって Mathematica がどうして理想的なツールなのかをお知りになりたい方,また,他のケーススタディをお読みになりたい方は経済と金融における Mathematica をご覧ください.



Select Language: enes