Company

MathematicaFuzzy Logic 2,ファジィシステム探究のための さらに柔軟な環境を提供

2003年7月1日--Wolfram ResearchからFuzzy Logic 2がリリースされました.これは,現在の市場で入手できるファジィ理論ソフトウェアでは最高のものだと絶賛されている,Mathematica アプリケーションパッケージのアップデート版です.バージョン2には,パッケージに付属する強固なユーティリティを強化する新関数が多数含まれています.また,このパッケージはMathematica 4以降の新機能を利用することができるということもあり,パフォーマンスも向上しています.

Fuzzy Logic は,ファジィ集合およびファジィ理論ベースのシステムの作成,変更,視覚化のための柔軟な環境を提供します.組込み関数がデザインの全段階で入出力の定義,ファジィ集合のメンバーシップ 関数の作成,ファジィ集合およびファジィ関係の操作と統合,システムモデルへの推論関数の適用,非ファジィ化ルーチンの組込みをサポートします.すぐに使えるグラフィックスルーチンにより,非ファジィ化方法,ファジィ集合,ファジィ関係が簡単に視覚化できます.

Fuzzy Logic 2の新機能には以下のようなものがあります.

  • ユニバーサルスペースの始まりと終わり,および,要素間の増分を指定する3つの数値を使うことによる,ユニバーサルスペースの定義の拡張

  • ベル曲線,シグモイド,2つのガウス曲線の組合せ,デジタルを含む特殊なファジィ集合を作成するための新しいメンバーシップ関数

  • ファジィグラフ視覚化の新ツール

  • 最大値法による非ファジィ化でファジィ集合の最大・最小を見付けるための新関数,および,面積法による非ファジィ化でファジィ集合の2等分線を見付けるための新関数

  • ファジィ濃度,subsethoodの程度,ハミング距離,ファジィ集合とファジィ関係各々のアルファレベルまたはファジィ集合とファジィ関係間のアルファレベルを見付けるための演算子

  • YuおよびWeberの和集合と共通集合の操作

  • ファジィ関係のアルファカットの導入

  • ファジィ関係方程式

  • ランダムファジィ集合とファジィ関係関数

  • 規則ベースの推論のためのファジィ推論関数

  • ファジィ乗算と除算のためのファジィ算術関数

  • クラスタ中心とそれに関連する分割行列および連鎖を見付けるためのファジィC平均クラスタ関数

Fuzzy Logic は,ファジィ集合およびファジィ関係の入力・操作が簡単なので,ファジィ理論の経験の有無に関わらず,プロフェッショナル,研究者,教育者,学生に理想的です.エンジニアは,最も基礎的なレベルから非常に複雑なレベルまで実際のシステムを研究,モデル化,テスト,視覚化するためにこのパッケージを利用することができます. 研究者はFuzzy Logic の包括的なツールを使って,ファジィ理論の応用および各分野における新しいアイディアを追求することができます.教育者はFuzzy Logic を単独で,もしくは教科書の副教材として利用することで,ファジィ理論の概念,基礎理論,応用を教えることができます.学生は付属の例題を使って,さまざまな問題をステップバイステップで解くことができます.

ファジィ理論は,制御,信号および画像処理,通信とネットワーク,診断医学,金融等の広い分野で応用されてきています.Fuzzy LogicMathematica 言語で書かれているため,あらゆる分野のユーザのニーズに正確に合わせて,簡単に機能を拡張し,変更することができます.また,Fuzzy Logic はこれらの特化された分野用にデザインされた他のMathematica アプリケーションパッケージと共に,あるいは,MathLink を介して関連性のないソフトウェアと共に使うこともできます.

Fuzzy Logic 2はMathematica 4以降での使用を目的としてデザインされており,Windows 95/98/Me/NT/2000/XP,Mac OS,Mac OS X,Linux (PC, Alpha, PowerPC),Solaris,HP-UX,IRIX,AIX,HP Tru64 Unix, およびこれらと互換性のあるシステム用が入手可能です.

Fuzzy Logic 2の追加情報は,製品のWebページでご覧ください.



Select Language: en