Company

gridMathematica ―グリッドのための
コスト効率のよいMathematica ソフトウェア―

2002年11月19日 イリノイ州シャンペーン― gridMathematica のリリースで,Wolfram Researchは専用クラスタまたはグリッド用の完全な並列計算のソリューションを提供するようになりました.gridMathematicaMathematica を並列計算のために配置する極めてコスト効率のよい方法を提供します.gridMathematica はUnix,Linux,Windows,Mac OS Xを含むどのようなマシンクラスタでも実行できます.必要なものはTCP/IPの接続性だけです.

gridMathematica の基本コンポーネントであるParallel Computing Toolkit の開発者のRoman Maederは「このパッケージを作成した動機の1つは,様々な作業環境で並列計算が簡単に行えるようにしたい,というものでした.gridMathematica は企業や政府機関にハードウェアのコストを削減しクラスタへの接続性を高めるという進化に対応する,手頃な値段のMathematica ライセンスとメンテナンスを提供します」と述べています.

この常識にかなったアプローチは顧客や産業界のリーダーたちが共感できるものです.「Sun MicrosystemsはWolfram Researchの長年のプラットフォームパートナーですが,gridMathematica がハイエンドユーザに提供するスケーラビリティには非常に関心を持っています.大規模なシミュレーションや計算の必要性はどんどん増大しています.gridMathematica とSunの製品ライン―LinuxベースのLX50ブレードサーバから64ビットのSPARCサーバクラスタまで―が顧客の必要としているスケーラブルなソリューションを提供します」とSun MicrosystemsのScientific and Engineering Computing部門のシニアグループマネージャーであるJoerg Schwarz氏は語っています.

gridMathematica の利点は単なるナンバークランチングに留まりません.Wolfram Researchのユーザインターフェース部ディレクターであるTheodore Grayは次のように述べています.「COMDEX 2002におけるStephen Wolframの基調講演のために,我々はセルオートマトンの非常に複雑なアニメーションをほんの数時間で作成することができました.私たちはiMac上でコードを書き,これをテストしてから,Mac OS Xサーバを実行している16基のXserveクラスタに移しました.これにより,何日もかかる計算を1時間以内で済ませることができました.このようなパフォーマンスの向上は,科学,工学,芸術分野のMacintoshユーザに新たな機会をもたらすものです.」

「Mac OS Xサーバを実行しているAppleの新たなXserveは,gridMathematica のような並列計算ソリューションのための,より高度でコスト効率のよいプラットフォームを提供します.UnixベースのアーキテクチャとMac OS Xの使いやすさで,シングルユーザのソリューションからクラスタ環境までを拡大する強力なプラットフォームが提供されるのです」とApple社のワールドワイドデベロッパリレーションズ担当副社長であるRon Okamoto氏は語っています.

gridMathematica は仮想共有メモリや分散メモリ,自動あるいは明示的スケジューリング,同期,ロッキング,レイテンシ隠蔽を含む並列化等の標準的なすべての並列プログラミングパラダイムをサポートします.この他にもマシンに依存しない実装,並列の関数型プログラミングや故障回復,システムが故障した際の取り残されたプロセスの自動的な再割当て等の機能を有しています.

Wolfram Researchの研究開発部ディレクターであるRoger Germundssonは「gridMathematica は大切なお客さまと緊密な連絡を取り,お客さまのニーズを反映した結果です.gridMathematica を統合製品として提供することで,製品調達からインストールまでの手順が一段と簡単になりました.この基盤の上にトレーニングクラスやその他のサービス等さらに追加的な要素を加えていきたいと思いっています」と述べています.

詳しくは関連Webページをご覧ください.



Select Language: en