Company

gridMathematica 2販売開始--スーパーコンピューティングのためのプレミアソフトウェア環境がさらに充実

2005年3月8日--Wolfram ResearchはgridMathematica 2の販売を開始いたしました.昨年末のSupercomputing 2004でご覧いただきましたように,この広くご愛用いただいている並列計算のためのソフトウェアの新バージョンは,Mathematica 5.1の全機能を活用します.また,事実上,上位500のスーパーコンピュータ,異種グリッドまたはクラスタ,パーソナルワークステーションのすべてに最適化されています.gridMathematica を使うことにより,科学者・技術者の方々がPC上で強力な並列アプリケーションを簡単に開発し,任意のグリッドやスーパーコンピュータ上にシームレスに配備することが可能になります.

gridMathematica 2の機能として,スケジューリングとパフォーマンスの大幅な改善,より広範囲の計算の自動並列化,問題特有の適応のためのプログラム可能なスケジューリング,推論的並列化のサポート,スカラーと並列設定のシームレスな実行,障害回復とユーザ設定の改善,汎用的なデータベース接続性,Webサービスのサポート,高速バイナリI/O,強力な文字列操作,Mathematica がサポートするすべての64ビットアーキテクチャについての完全最適化等が挙げられます.

gridMathematicaMathematica 5.1と Parallel Computing Toolkit 2の豊かな基盤の上に構築されており,数値的なスーパーコンピューティングアプリケーションばかりでなく,画像,2D・3Dベクトルグラフィックス,地理空間情報,ゲノム配列,代数式,論理構築やプログラム構築,一般的な記号データ等の複雑な非数値的データの並列処理にも使えます.

2002年の登場以来,gridMathematica はAerospace Corp,米アルゴンヌ国立研究所,コロンビア大学,Dow Chemical,イタリア国立核物理学研究所,京都大学,米ロスアラモス国立研究所,マサチューセッツ工科大学,NASAラングレー研究所,クィーンズ大学,RAND Corporation,St. Jude Children's Research Hospital,Seagate Technology,Silicon Graphics,米宇宙望遠鏡科学研究所,Thomson Multimedia,カリフォルニア大学バークレー校,ノースカロライナ大学,東京大学,エール大学等多くの企業,政府機関,大学等で成功裡に配備されてきました.

「gridMathematica はWindowsプラットフォーム用の並列アプリケーションを開発する際の強力なツールです.おかげで,お客様が標準的なPCを使って大規模な並列アルゴリズムを書き,短時間で大規模クラスタやグリッドにポート・配備することができるようになりました.このツールを使うと,集中的な計算を必要とする並列アプリケーションがWindowsプラットフォーム上で簡単に開発・配備できます」とMicrosoft Corporation,Windows Server DivisionのディレクターであるDennis Oldroyd氏は語っています.

gridMathematica 2は一般的なLinuxおよびUnixシステムのすべて,Windows,Mac OS Xでお使いいただけます.クラスタ中のコンピュータが同じオペレーティングシステムで実行される必要はございません.Wolfram Education Groupでは,gridMathematica の入門トレーニングを提供しております.製品の詳細につきましてはwww.wolfram.co.jp/gridmathematicaをご覧ください.



Select Language: en