Company

新しいMathematica 4.2,XMLとJavaの機能性を装備

東京−2002年6月24日−Wolfram Research, Inc.は,完全なXMLのサポートとシームレスなJavaとの統合を実現した初の技術計算システム,Mathematica 4.2のリリースを本日発表しました.これにより,ユーザは Mathematica 内からすべてのJavaプログラムにアクセスしたり,XMLのデータとドキュメントを直接扱ったりすることができるようになりました.バージョン4.2は,線形計画法,統計,最適化,組合せ論,グラフ理論,技術出版においても顕著に向上しています.

Mathematica 4.2は,現在アメリカとカナダで入手可能で,7月8日にはヨーロッパでリリースされます.日本語の完全サポートを装備したMathematica 4.2日本語版は本年初秋にリリースの予定です.

Mathematica 4.2の主な新機能には次のようなものがあります.

  • JavaとJ/Link 2.0との透過的な統合と組込みのJava Runtimeエンジン
  • XMLの拡張によりMathematica のノートブックと式がXMLとして保存可能に
  • シンボリックXMLの操作のための新パッケージ,XMLツール
  • スタイルシートを含む,XHTMLエキスポートのサポート
  • 拡張されたMathML 2.0のサポート
  • 線形計画法と最適化の改良
  • 新パッケージANOVAを含む,統計機能の改善
  • 新しくなった組合せ論とグラフ理論のためのパッケージ,Combinatorica
  • 技術出版のための新パッケージ,AuthorTools
  • プレゼンテーションのためのスライドショースタイル環境
  • FITSとSTDSを含む,新しいインポート/エキスポート形式

「組込みのJava Runtime EnvironmentとJ/Link 2.0により,開発者は箱から出してすぐにMathematica とJavaコードを簡単に組み合せることができます.AWTとSwingのグラフィカルユーザ インターフェースコンポーネントを使って,Mathematica のグラフィカルなユーザインターフェースを構築したい場合でも,JDBCを使って企業のデータベースに接続したい場合でも,組込みのMathematica プログラミング言語を使うのと同じくらい簡単にJavaを使うことができるようになりました」と,Mathematica のプロダクトマネージャー,Lars Hohmuthは述べています.

また,バージョン4.2はXMLドキュメントとデータのインポート,エキスポート,記号的操作のサポートを提供することで,Wolfram ResearchにおけるXML時代の到来を告げています.このバージョンが技術計算に焦点を当てていることに関連して,Mathematica はノートブックとMathematica 式のXML構造での保存を可能にするXMLの拡張を含むようになり,また,XHTMLとWeb上の数式表記標準のMathML 2.0もサポートするようになりました.

この他,Mathematica 4.2にはノートブックをプレゼンテーション用に準備し,オンラインおよび印刷による出版をより簡単にしてくれるAuthorTools パッケージとスライドショー環境も加わりました.Wolfram Researchの研究開発部ディレクター,Roger Germundssonは次のように述べています.「バージョン4.2は,中心ユーザのことを無視することなく,変化しつつあるMathematica カスタマーのことを考慮に入れています.Mathematica のカスタマーで,今までとは異なったMathematica の使い方をされる方が増えてきました.例えば,メタプログラミングツールとして,ドキュメント処理のために,また,配備のメカニズムとして使われるのです.しかし,私たちは技術計算における中核的な機能もおろそかにはしていません.Mathematica 4.2は,世界最大の数学的アルゴリズムのコレクションを備えており,大域的最適化,組合せ論,グラフ理論の最先端のテクノロジーを導入している唯一の主要技術計算システムです.」

企画開発部ディレクターのConrad Wolframは,「Mathematica は技術系プロフェッショナルの世界の中心としての能力を有してきました.バージョン4.2は企業の技術的中心となるのにも理想的です.Java,XML,Mathematica 4.2の機能の統合が,組織全体の計算的処理およびドキュメント指向の処理への鍵となります」と言っています.

Mathematica 4.2はWindows,Mac OS,Mac OS X,Linux (PC,Alpha,PowerPC),Solaris,HP-UX,IRIX,AIX,Compaq Tru64 Unixおよび互換性のあるシステムでご利用いただけます.AcademicおよびVolume割引きもあります.

詳細についてはMathematica の製品ページでご覧ください.



Select Language: en