Company

MathematicaPolynomial Control Systems ,多変数制御の実用的なソリューションをControl System Professional Suite に追加

2006年8月3日--Wolfram Researchが新たにリリースしたPolynomial Control Systems は,Control System Professional Suite (CSPS)の機能性をさらに拡張します.CSPSはMathematica アプリケーションパッケージを緊密に統合した拡張可能なフレームワークで,工学,科学,経済,金融の分野に見られる一般的な制御問題を解くためのオブジェクト指向の環境を提供します.

希望小売価格:29,400円(消費税1,470円別)
※ 本年10月27日までは20%の特別割引となっております.CSPSをすべてお求めの場合は総額を対象に15%割り引かせていただきます.
プラットフォーム:すべてのプラットフォームで使用可能です.
要件:Mathematica 5.0以降とControl System Professional 2.0.3以降が必要です.
付属:説明書(実装されている構文とアルゴリズムやたくさんの例題が収録された225ページの簡潔なオンラインドキュメント)
販売:Wolfram ResearchのWebストアから直接ダウンロードしていただけます.
製品に関する詳細:www.wolfram.co.jp/products/applications/pcs

Polynomial Control Systems は,多項行列方程式や有理多項要素を持つ行列によって表されている線形制御系のモデリング,分析,設計のための新しいツールを提供します.多変数系では,このような多項式に基づいたアルゴリズムの方が従来の状態空間に基づいたメソッドよりも情報に富み意味のある解を設計者に返すことがしばしばあります.Polynomial Control Systems は,賞を獲得したControl System Professional とシステムと制御のための最新のアルゴリズムを提供するAdvanced Numerical Methods に続く,一連のパッケージの3番目の製品です.

MATLABやその他のこの分野のソフトウェアとは異なり,Polynomial Control SystemsMathematica エンジンと緊密に統合されているので,数値計算にも記号計算にも使うことができます.また,CSPSに共通のユーザインターフェースや一貫するデータ構造と関数名により,より簡単で透過的に使用することができます.さらに,Mathematica の専門的なタイプセット機能を使うことで,制御エンジニアがその仕事内容を従来の教科書に見られる形式で表示することができます.

Polynomial Control Systems を使った実用的なシステム設計のための新機能には次のようなものがあります.

  • Smith・McMillanの標準形式やLuenbergerの可制御・可観測な正準形式等のシステム解析のための豊富なツール
  • 可制御性や可観測性の指標の計算のための機能,不変零点と伝達零点,入出力の分割零点の検出と除去
  • 相対ゲイン配列(RGA)の計算とRGAナンバーのプロット
  • 入力/出力の干渉,GershgorinおよびOstrowskiサークルを使った優対角性,行と列の優勢比率のプロットを分析するための直接ナイキスト配列と逆ナイキスト配列
  • Perron-Frobenius固有値プロット,固有ベクトルプロット,特性値プロット,特性軌跡法を使った周波数領域設計法
  • 固定および動的スケーリング補償器,擬似対角補償器,位置合せ補償器の設計

Polynomial Control Systems を加えることで,極配置法のControl System Professional ライブラリが,状態と出力のフィードバックのためのスペクトルおよびマッピングの2項法とフルランク法を含むまでに拡張されました.多項式形式および状態空間形式におけるシステム行列のための新たなオブジェクト,状態空間および伝達関数オブジェクトとControl System Professional でシームレスに統合されている右および左の行列分数表現も実績あるCSPS環境にまた別の一面を加えました.

Polynomial Control Systems はWolfram ResearchとIEEEおよびIEEの会員でありUniversity of ManchesterのControl Systems Centreのセンター長であった故Neil Munro教授の協力の賜物です.制御研究分野の先駆者であったMunro教授は,40年間に渡ってこの世界に多大な功績を残されました.

詳細はPolynomial Control Systems のWebサイトでご覧ください.



Select Language: en