Company

Wolfram Workbench:最先端の技術開発環境

2006年6月20日 - Wolfram Researchは本日,Mathematica のテクノロジーを組み込んだ最先端の統合開発環境(IDE)であるWolfram Workbench のリリースを発表しました.Mathematica の非常に強力で高レベルのプログラミング言語と,世界に名立たる計算,可視化,モデリング機能を補完するWorkbench は,大規模なテクニカルソリューションの開発に理想的です.

ダウンロード:www.wolfram.co.jp/services/premiersupport/workbench.cgi

(現在は無料のプレリリース版としてWolfram ResearchのPremier Service をご利用の方々に提供.Windows,Mac OS X,Linux版は近日リリースの予定)

製品に関する詳細:www.wolfram.co.jp/workbench

Workbench は技術ソフトウェアの構築方法としてのMathematica の潜在能力を解き放ちました.技術アプリケーションの開発に携わっている方々にとって,これが最も信頼できる開発環境です」と,Workbench の開発を主導したカーネル技術部ディレクターのTom Wickham-Jonesは述べています.WorkbenchMathematica は一体となって,工学,科学,金融,教育等の分野における革新的な技術アプリケーションの開発を可能にします.

Workbench は統合開発環境(IDE)の主要プラットフォームであるEclipseの上に構築されています.このため,すでにEclipseを使っている人はMathematica が簡単にアプリケーションに使えるようになります.また,Mathematica ベースの開発者は,最先端の開発ツールを手に入れることでより効率的にプロジェクトが構築できるようになり,生産性が向上します.

Mathematica は小さなプロジェクトから大きなプロジェクトへと開発のスペクトルをスパンできる唯一のシステムです.Workbench は,技術開発をFortranおよびその派生型から切り離し21世紀的にすることで,より複雑なプロジェクトの可能性を拡げます」とWolfram Research企画開発部ディレクターのConrad Wolframは述べています.

Workbench の機能:

  • ファイル,コード,その他のMathematica リソースを1つのプロジェクトに集約
  • シンタックスのハイライト,エラー報告,局所変数の色付け,その他多数のオプションを使ったソースコード編集
  • 実行中のコードの検証と,問題箇所の発見・修正
  • 洞察的なレポート機能によるコード実行のプロファイルとテストの開発・実行
  • 複数バージョンのファイル管理とバージョンの改訂歴へのアクセス
  • Mathematica パッケージの構築と配備

Mathematica が開発に理想的な理由:

  • 複数パラダイムのプログラミングにより,ユーザは言語に縛られることなく,考えながらプログラムできる
  • コードが短く読みやすいので,実装が簡単で速い
  • 数値・記号・グラフィックス機能と世界で最も充実したライブラリ
  • 他言語および拡張機能との組込みの接続性
  • 最先端の配備オプション

Workbench は瞬く間になくてはならないツールになりました.これで,同じIDEでMathematica とJavaの両方のコードが開発でき,今までEclipseを中心に構築してきたバージョン管理やビルド管理のインフラストラクチャも利用できます」と,金融,工学,製造におけるカスタムソフトウェアソリューションの開発元であるUnisoftware Plus社のSascha Kratky氏は語っています.

Mathematica は計算機代数をはるかに超えて,技術ソフトウェアの開発環境になりました」と Wolframは付け加えています.



Select Language: en