分野別ソリューション

Wolframソリューション

医用画像処理

セグメンテーション,レジストレーション,復元,2Dおよび3Dの立体画像解析のための組込み関数を使ったり,素早く効率的に新しいアルゴリズムのプロトタイプを作成したり,そのアルゴリズムをスタンドアロンのアプリケーションまたはWebベースのツールとして配備したりすることができます.これらのすべての作業をすべて一つのシステムから行うことができます.

Wolframの医用画像処理ソリューションは,GPU計算,並列処理,アウトオブコアテクノロジーによってさらにアップしたスピードと性能で,画像処理とアプリケーション開発のための完全に統合されたワークフローを提供します.

3D立体の描画と解析
Wolframの強み
Wolframを使う理由
主な機能

Mathematica には,多数の分野についての何千もの組込み関数精選されたデータが含まれています.

  • エッジ保存平滑化,ノイズ除去,鮮明化,およびその他の強化を行うソフトウェアプログラムを設計する
  • CTスキャンやMRIスキャン等の断層撮影データを2Dまたは3Dで可視化する
  • 3Dデータをスライスし,立体の内部を調べる
  • コンピュータ支援診断や腫瘍発見のためのパターン認識アルゴリズムを作成する
  • 無線周波数パルス列の開発とシミュレーション
  • 生体モデルと画像測定値を比較する
  • 細胞試料をスキャンして異常の有無を確認する
  • 走者の動きをビデオで研究し,その効率をよくする
  • CT画像のボケを修正し,MRIの背景から不均質を取り除く
  • 画像取得デバイスからリアルタイムで画像を取り込んで処理する
  • 研究室で培養した細胞組織の繊維配向を分析し,その強度を判断する
  • 非侵襲的手法を使って,心臓をチェックし,患者に対するリスクを軽減する
  • 遠隔診断のためにWebアプリケーションを配備する

ブロブ解析技術を使って,顕微鏡画像の細胞を見付ける

画像を解析するためのインタラクティブツールを作成する

次へ:Wolframを使う理由
Wolframの強み
Wolframを使う理由
主な機能

現在お使いのツールには以下のような利点がありますか.

  • 単一のドキュメントで行える,完全で統合された画像処理のワークフロー
    Matlabでは,画像処理のために別料金のツールボックスを購入する必要があり,複数画像を使って作業する場合は複数のウィンドウを開かなければならない
  • どのプラットフォームでも使え,広範に渡る組込み画像処理関数
    ImageJでは,完全な機能性を得るためにさまざまなソースによって作成されたプラグインをダウンロードしてインストールする必要がある.OsiriXは,Macintoshのオペレーションシステムでのみ使用が可能である
  • 手続き型,関数型,ルールベースのプログラミングパラダイム,および簡単に認識可能な関数名が効率的なプログラミング環境を作成する
    Matlabとその他のプログラムは,主に手続き型言語を使うため,より長いコードを作成することなる.また,関数名に省略された名前を使うため,その関数の機能は直感的には分からない
  • 画像処理関数を適用するために,画像を直接入力行にドラッグアンドドロップできる便利さ
    Mathematica 特有の機能
  • インタラクティブで視覚的なワークフローのための統合環境
    C,C++,およびその他の言語では,画像を可視化したり処理したりするために,グラフィックスのウィンドウとテキスト入力の間を行ったり来たりすることが必要

組込みのフィルタ関数を使って特徴検出を行う

グレーレベル画像を閾値化するためのカスタムインタラクティブツール

次へ:主な機能
Wolframの強み
Wolframを使う理由
主な機能

Mathematica 無料評価版のダウンロード

完全な機能を備えた Mathematica の無料評価版(15日間有効)がダウンロードで入手できます.

無料評価版を入手

ご質問

Wolframエキスパートがお答えいたします.お問い合せください »



Select Language: enes