工学のための産業ソリューション

光学

記号的に定義されたレンズと鏡の系の最適化,画像処理あるいはデータ解析の組込み関数による光学コンポーネントのテスト,そして複雑なレイトレーシングモデルの計算.
Mathematica の光学ソリューションはこれらの機能を,組込みの特殊関数,高度な微分方程式ソルバ,および現在使用可能な計算,開発,配備の環境の中で最も自動化され信頼のおけるものと統合させます.
光学的試験からのデータを解析する
組込みのゼルニケ(Zernike)の多項式を使った明度マップ.傾き,デフォーカス,非点収差という円から変化させた3種類の収差について三次元でプロット
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法

無料インフォメーションキット

Mathematica で研究開発のワークフローを改善

ユーザ体験談
「何かをモデル化してから,それを実際に構築して動くかどうかを見ることができるというのは非常に満足感を感じられることです.」
Donald Barnhart
Optica Software-iCyt,開発リーダー兼光学科学者チーフ
「今までできなかったことができます...よりよい結果を,より速く得ることができます.」
William Meyer
Scattering Solutions, Inc.,技術開発担当副社長

ビデオ

Wolframテクノロジーが業種を超えて提供できることをご覧ください.
チャンネルをブラウズ»

専門家によるトレーニング

専門家チームから直接Wolframテクノロジーが学べます.
すべてのトレーニングオプションを見る»

製品

Wolframはすべての産業分野向けのツールとサービスをご用意しています.
製品をブラウズ»

ご質問

Wolframのエキスパートがすべてのご質問にお答えします.

こちらからご連絡ください»



Select Language: eneszh