家屋の暖房:エネルギー消費量の比較

建物の空調設備のモデル化は,電力消費量を見積り,エネルギー効率のよい建造物を建て,経費を最小限に抑えるのに重要です.このモデルは,異なる地域で家屋の暖房にかかる電力を比較します.

この例題を実行するためには

SystemModeler 4.3Mathematica 10または11

が必要です.

どちらかお選びください.

無料の評価版を
入手する
ダウンロードを
続行する

階層的モデリングを使う

階層的に部屋やその内部をモデリングすることができるため,モデルを維持したり拡張したりすることが簡単にできます.

Mathematicaを使った解析

さまざまな室温に対する推定電力料金を比較します.

居間
4部屋ある家
ラジエータ
灰色の部分で暖房がかかる.
気温の変化(アリゾナ)
気温の変化(イリノイ)

測定データを使ったシミュレーション

自分で測定したデータ,あるいはMathematicaの精選データをモデルに適用して,異なる地域での屋内暖房の必要性を比較します.

en es zh