インスリンシグナル伝達:生化学的プロセスのモデリング

脂肪細胞におけるインスリンのシグナル伝達は,体内の血糖値をコントロールする上で重要な役割を果たしています.受容体は,インスリンと結合してリン酸化し,インスリンシグナルを細胞内に伝達することができるため,グルコースの摂取がコントロールできるのです.

この例題を実行するためには,

SystemModeler 4.3Mathematica 10または11

が必要です.

どちらかお選びください.

無料の評価版を
入手する
ダウンロードを
続行する

生化学プロセスをモデル化

組み込まれているBioChemライブラリを使ってインスリンシグナルをモデル化します.

パラメータに対する感度を可視化

リン酸化反応に最も影響を与えるパラメータを簡単に特定します.

それぞれのパラメータを変化させたときのIRS1のリン酸化反応のバリエーション

シミュレーションを即座に比較

実生活におけるパラメータのさまざまな組合せが,IRS1(インスリン受容体基質1)のリン酸化にどのような影響を与えるかを比較します.

en es zh