SystemModeler の用途と使用例

航空宇宙と防衛 カタパルト | 戦闘機 | 人工衛星

人工衛星軌道の制御

三次元力学とブロックベースの制御論理を組み合せて人工衛星をモデル化することができます.人工衛星は打上げシーケンスで地表から打ち上げられます.その後,制御論理サブシステムがスラスタで高度と速度を調整します.制御系のパラメータの設計には,Mathematica が使われます.

この例題を実行するためには

SystemModeler 3Mathematica 8または9

が必要です.

どちらかお選びください.

可視化のカスタマイズ

人工衛星の軌道は,制御装置の調整付きでも調整なしでも可視化できます.

Mathematicaで制御装置を設計

Mathematica で人工衛星の高度制御装置のパラメータを設計します.

         
 
制御装置付きの軌道
制御装置なしの軌道
3つの異なる高度制御装置についてのエネルギー利用と高度.
破線が目標高度.
 
   
   
         
即座にプロット

さまざまな制御パラメータに対して,高度とエネルギー使用を簡単に表示します.



Select Language: eneszh