SystemModeler の用途と使用例

トラックシートのサスペンションにおける減衰設計の比較

モデリングとシミュレーションで,システムの中の1つのコンポーネントを別のものに置き換えたときの効果を予測することができます.次のモデルでは,重いトラックの運転席の単純なパッシブダンパの代りにアクティブダンパを使うことを考えたものです.

この例題を実行するためには,

SystemModeler 3Mathematica 8または9

が必要です.

どちらかお選びください.

ハイブリッドモデルの作成

単純なパッシブダンパをハイブリッドのアクティブダンパに置き換えます.

数値実験

同一の入力条件下で,さまざまな種類の実際のシステム設計と理想のシステム設計の動作を比較します.

         
 
一方向に速度依存型ダンピングを適用する,セミアクティブダンパコンポーネント
さまざまな周波数において,セミアクティブダンピングの方がパッシブダンピングよりも性能がよい.
 
   
   
         

設計の比較

ドロップインの代替コンポーネントを作成することで,別の設計をテストすることができます.

分析とカスタマイズされた可視化

チャープ入力信号に対する各システムの応答の包絡線を計算することによって,振幅周波数応答曲線を可視化します.

 
Reichert, Brian Anthony Jr. Application of Magnetorheological Dampers for Vehicle Seat Suspensions. MS thesis. Virginia Polytechnic Institute and State University, Blacksburg, 1997.
 


Select Language: en