SystemModeler の用途と使用例

連続攪拌槽反応器の最適制御

連続攪拌槽反応器に最適の制御信号を見付けます.タンクの温度が反応速度に影響を及ぼす一方,冷却ジャケット内の温度は制御信号として作用します.これは,安全な温度制約に従って,できるだけ速くひとつの濃度から別の濃度へと移行することが狙いです.

この例題を実行するためには

SystemModeler 3Mathematica 8または9

が必要です.

どちらかお選びください.

系を分析

タンクの動作を司る方程式を Mathematica に取り込んで,詳しく分析します.

モデルの動作をインタラクティブに研究

制御信号をインタラクティブに調整し,システムがどのように反応するかを見ます.

CDFとインタラクト

         
 
初期レベル(赤)から目標レベル(緑)までの
濃度,タンクの温度,冷却温度
破線は最適制御の結果を示します.
 
   
   
         
Mathematicaで制御信号を最適化

Mathematica の最適化機能を使って,最適の冷却温度を見付けます.



Select Language: eneszh