テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
適応型プロット調整(APR: Adaptive Plot Refinement)
適応型プロット調整(APR)

Mathematica は適応型プロット調整(APR)を使って最低限のサンプリングで局所的な特徴を検出することができます.Mathematica 以外のシステムでは,同じ数の点を使ってもこれほど詳細な結果を得ることはできません.

Mathematica は適応型プロット調整を使ってプロットされた画像に調整を加えます.これにより,出力される画像はより滑らかで分かりやすくなり,従来のグラフィックスプログラムに比べアーチファクトも軽減されています.

関数をプロットするとき,Mathematica は自動的にその関数を分析し,情報はできる限り保ちながらも,画像が滑らかで分かりやすくなるようにします.このために使われている技術には,領域関数と離散関数のシステムワイドなサポートに加え,適応的な再サンプリングや最適なプロット範囲の自動選択等があります.

次も参照:


Select Language: en