Mathematica 9 is now available
テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
自動化された表のレイアウト

Mathematica では表のレイアウトを指定するためのパワフルで新しい記号言語を紹介しています.この言語によって,Mathematica システムの残りの部分に完全に統合された形で,洗練された情報表示とユーザインターフェース構造を即時に作成することができるようになりました.

  • 表項目として任意のデータ,テキスト,グラフィックス,動的要素を含めることが可能
  • 表の自動サイズ変更で入力項目を直接編集
  • 背景,分割線,間隔等を指定する一般言語
  • 複数行・複数列の範囲に渡る行と列をサポート
  • 固定・拡大縮小可能・サイズ変更可能の表入力項目における流れるテキストへのサポート
  • 任意の副表スタイルのサポート
  • 流れるテキスト,グラフィックス,その他の表の中に表を直接置くことが可能
  • 即時の印刷,PDF形式へのエキスポート等が可能な出版に見合うような質の出力
表形式にスタイル化されたレイアウトを即時に作成 グラフィックス画像の格子を作成 任意の表形式のユーザインターフェースレイアウト
表形式にスタイル化されたレイアウトを即時に作成 グラフィックス画像の格子を作成 任意の表形式のユーザインターフェースレイアウト
入力項目が枠内に収まるように自動サイズ変更 任意の種類の表に注釈を付加 スパンする行と列
入力項目が枠内に収まるように自動サイズ変更 任意の種類の表に注釈を付加 スパンする行と列
スペースの自動割当て,および自動改行 任意のネストした表
スペースの自動割当て,および自動改行 任意のネストした表


Select Language: en