テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
動的グラフィカル入力

Mathematica はユニークな統一されたアーキテクチャ上に構築されており,自由形式入力の任意の2D,3Dグラフィックス,ユーザインターフェースとアクティブな動的要素を統合します.

  • 入力として任意のグラフィカル表記をサポート
  • スライダーチェックボックスカラースウォッチ等を入力要素として即時サポート
  • あらゆるユーザインターフェースやその他のオブジェクトに任意の入力解釈が付加可能
  • スクロールするドキュメントに統合された,ネストした任意の入力とインターフェース形式のサポート
グラフィカルコントロールを入力で直接使用する 他の式と同様にグラフィックスを入力する グラフィックスを直接操作する
グラフィカルコントロールを入力で直接使用する 他の式と同様にグラフィックスを入力する グラフィックスを直接操作する
引数にグラフィックスを取る関数を定義する フリーハンド入力を使って計算する フォームを評価可能な入力として直接使用する
引数にグラフィックスを取る関数を定義する フリーハンド入力を使って計算する フォームを評価可能な入力として直接使用する
視覚的な言語シンタックスを作成する
視覚的な言語シンタックスを作成する


Select Language: en