テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
完全に自動化されたグラフのレイアウト

Mathematica は完全に自動化されたグラフのレイアウトを統合しており,任意のグラフの可視化を初めて計算タスクルーチンの一部とすることができました.Mathematica はWolfram Researchで開発されたオリジナルのアルゴリズムを使い,人間が苦労して作成するものをはるかに超える,感動的で美しいグラフレイアウトを自動作成し,これを数百万の頂点のグラフにスケールすることを可能にします.

  • 可視のラベル,ツールチップ,その他のラベルを持つ,有向および無向のグラフとマルチグラフ
  • 記号構造をグラフとして即座に可視化
  • 動的インタラクティブ性との完全な統合により可能となった,リアルタイムのインタラクティブグラフ
  • 上級ユーザのためにサポートされている既存またはオリジナルの多様なアルゴリズム
  • 標準的なグラフおよび行列のインポート・エキスポート形式のサポート
  • それぞれが100個を超える属性を持つ標準的な名前付きグラフの拡張組込みライブラリ
分かりやすいグラフを即座に生成 グラフのラベルの追加 3Dグラフレイアウト
分かりやすいグラフを即座に生成 グラフのラベルの追加 3Dグラフレイアウト
複数構成要素の自動配列 自動フローチャート化 ソーシャルネットワークグラフィックスの作成
複数構成要素の自動配列 自動フローチャート化 ソーシャルネットワークグラフィックスの作成
各頂点に任意のグラフィックスを配置 大規模なグラフレイアウト 任意の木のレイアウト
各頂点に任意のグラフィックスを配置 大規模なグラフレイアウト 任意の木のレイアウト
ネットワークの動的シーケンスの作成 式の木 グラフをインタラクティブに再配置
ネットワークの動的シーケンスの作成 式の木 グラフをインタラクティブに再配置


Select Language: en