テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
オブジェクトの補間

Mathematica の特徴のひとつは,数値的スーパー関数NDSolve等)の結果を,取られる縦座標全体の補間を表す記号関数,つまり補間オブジェクトとして返すということです.この点において,Mathematica は未処理の数値のリストを返す数値計算に特化されたシステムとは対照的です.

オブジェクトの補間により,結果が簡単かつ迅速に使えるようになります.例えば,特定の値(それが計算中に評価のために生じたものであるか否かにかかわらず)のプロット,微分,発見は,結果を組込みの数学関数であるかのように使って実行されます.

複素微分方程式の解は,補間関数を使って表されるため,簡単に正確にプロットすることができます.



Select Language: en