テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
MathML

W3C(ワールドワイドウェブコンソーシアム)に採用されている数式を表現するためのMathML標準は,Wolfram Researchのタイプセット技術の中心的な概念に基づいています.Webのマークアップ標準と Mathematica の内部表記のこのような強い結びつきにより, Mathematica は独特な位置に置かれました.その結果,MathML式を含むドキュメントのためのフル装備のオーサリングと評価のための環境が,MathematicaPublicon をはじめとするWolfram Research製品に組み込まれた,柔軟で拡張可能な技術文書オーサリングシステムと完全に統合されました.

W3Cの起草委員会は,なぜ Mathematica のボックス構造を出発点として選んだのでしょうか.Wolfram Researchが Mathematica の開発プロセスの一環として,数式の表現,解釈,表示を何年にも渡って研究してきており,結果的に,1つの環境に表示と評価を完全に組み込むための困難な問題点を十分に理解していたからです.

Mathematica はMathML標準で書かれた式を自動的に認識し,インタラクティブで評価可能なタイプセット式に変換します.



Select Language: en