テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
数値精度制御 - 指定入力モード

数値精度制御(NPC: Numerical-Precision Control)はMathematica の数値計算処理の基本であり,数値結果の信頼性を他に比べるもののない確かなものとしています.

指定入力モードでは,Mathematicaの入力はある特定の精度で与えられ,Mathematica は続く計算を調整して可能な限り精度を保ちます.最終的には,入力精度と行われた一連の計算で正当化される桁だけが表示されます.計算によっては出力精度が入力精度を上回るものもあります.

精度制御をしなければ,簡単な数値計算でさえも非常に不正確な結果を返すことがあります.数値精度制御技術は高度なヒューリスティックと精度追跡を使い,高精度計算に切り換えたり,インタラクティブな計算における刻み幅を調整したり,より正確な解を得るために異なるアプローチが求められる場合はその場でアルゴリズムを変更したりします.

このアニメーションはたとえ単純な関数で入力精度が一定の場合でも,計算の出力精度にどれ程大きな差が出るかを示しています.Mathematica はこれらの影響を考慮して,正確な結果を確実に出します.



Select Language: en