テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
パックアレー

パックアレーは,圧縮された配列とそれを含む最適化された計算をシームレスに統合するために使われるMathematica 独自の技術です.機械精度の行列と配列に対して行われる計算が分析されて,特化した形式にパックすることで計算のパフォーマンスが向上するかどうかが判断されます.この分析と適用のプロセスは透過的に行われ,出力はMathematica がどちらの方法を選んだかに関係なく同じように表示されます.

Mathematica は,このようなパックアレーに繰り返し適用される複雑な関数を自動的にコンパイルします.これにより,Mathematica は大規模な線形代数計算を特化された数値システムと同程度に,あるいはより速く実行できるのです.

パックアレー

パックアレーを使うと大規模配列操作のためのメモリ使用とパフォーマンスが向上します.



Select Language: en