テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
疎(スパース)配列

疎配列とは,ほとんどの要素(疎行列,ベクトル,テンソル)がゼロ,いわゆる共通値となっているものを指します.

MathematicaSparseArrayテクノロジーは,大規模な疎オブジェクトを保存および操作するための,ユニークで効率的な方法を提供します.実際,Mathematica は,数値計算に特化されたシステムよりも速く,小さいメモリフットプリントで非常に大規模な線形代数操作を実行することができます.

疎配列

疎なデータ表現を使うことで,劇的な時間短縮が可能になります.この図は疎表現(赤)と密表現(灰)とを使って一次方程式系を解くのにかかった時間の比較です.計算のサイズが大きくなるほど,効果は顕著です.

注意: 時間は3.6 GHzのPentium 4プロセッサ搭載のWindows XPで測定したものです.



Select Language: en