Mathematica 9 is now available
テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
記号的インターフェース構築

Mathematica ではユーザインターフェースプログラミングが再定義されており,エキスパートでなくても非常に高度でカスタマイズされたインターフェースが初めて生成できるようになりました.インターフェース要素を Mathematica のユニークな記号的言語フレームワークに統合することにより,Mathematica では任意のインターフェースを,動的計算に直ちに接続することのできる高レベルの記号的コントロールで表現することができ,Mathematica の豊かな表・ドキュメント・グラフィックス機能を使ってレイアウトすることができます.

記号データとしてのコントロール プログラムで生成される任意のパターンのコントロール 即座に実装できる標準コントロール
記号データとしてのコントロール プログラムで生成される任意のパターンのコントロール 即座に実装できる標準コントロール
タイプセットコンストラクトを使ったコントロールの配置 プログラムで作成できるあらゆる配置のコントロール コントロールのどこにでも使えるグラフィックス
タイプセットコンストラクトを使ったコントロールの配置 プログラムで作成できるあらゆる配置のコントロール コントロールのどこにでも使えるグラフィックス
プログラムで作成する任意のインターフェース構造 ドキュメント全体に広がるインターフェース要素 ロケータベースのインターフェースの生成
プログラムで作成する任意のインターフェース構造 ドキュメント全体に広がるインターフェース要素 ロケータベースのインターフェースの生成
高度なパレットの構築 見慣れたダイアログボックス構造の生成 完全にプロフェッショナルなインターフェースを簡単に作成
高度なパレットの構築 見慣れたダイアログボックス構造の生成 完全にプロフェッショナルなインターフェースを簡単に作成
任意のユーザインターフェースコンセプトの実装 新しい形式のコントロールの実験
任意のユーザインターフェースコンセプトの実装 新しい形式のコントロールの実験


Select Language: en