Wolfram Workbench

Wolfram言語のためのEclipseベースの統合開発環境

Wolfram Workbenchは,企業クラスの開発や配備のための高度なコード編集,ナビゲーション,プロジェクト管理ツールを提供します.パワフルなEclipseプラグインであるWorkbenchはWolfram言語Mathematicaおよびその他のWolfram製品テクノロジーに特化されています.

使い始める
EclipseにWolfram Workbenchプラグインをインストールする手順に従ってください.デスクトップにダウンロードが必要な場合はここからダウンロードできます »

Wolframテクノロジーとの統合

Wolfram言語

Mathematicaおよびその他のWolfram製品Wolfram言語のコードを開発する場合に,Workbenchを使うと,生産性が劇的に向上します.Workbenchはリソースの整理,ミスの削減,作業の適切な文書化のための高度なツールを提供します.Workbenchでは,高度な統合開発環境(IDE)に期待される以下のような機能すべてを利用することができます.

  • 特化されたエディタでのコード編集
  • ソースレベルでのプログラムのデバッグ
  • コード実行のプロファイリング
  • テストの開発と実行
  • 統合されたワークグループ環境でのコード化
  • 自分のアプリケーション等のためのドキュメント作成
webMathematica

WorkbenchはwebMathematicaでサイトを開発するためのツールを提供します.専用エディタ,プロジェクトタイプ,サーバ制御,デバッグ,リアルタイムのログ表示で,完全な開発サイクルがサポートされます.これらのツールを1つのアプリケーションに統合することで,webMathematicaを動力とするサイトがこれまでよりも簡単・迅速に開発できます.

gridMathematica

Workbenchを介して起動するgridMathematicaプログラムは,すべてのクラスタカーネルとWorkbenchの間の接続を構築します.これにより,gridMathematicaクラスタのすべてのカーネルに対するブレークポイントおよびスタック検査が可能になります.

J/Link

WorkbenchはJ/Linkアプリケーション開発のために,以下のような多数のサポートを提供しています.

  • J/Linkツールキットを使用してWolfram言語とJavaを併用するプロジェクトを作成するためのウィザード
  • Javaクラスが見付からなかったときに,Wolfram言語で生成されるエラーマーカ
  • Wolfram言語から対応するJavaクラスへの定義を見付ける
  • Workbench内からMathematica(あるいは他のWolfram製品)とJ/Linkを起動することで,両方のデバッグが同時に可能

簡単なコード編集とナビゲーション

ソースコードエディタ

ソースコードエディタは,シンタックスカラーリング,エラー報告等によりパワフルなソースコード編集機能を提供します.エラーはすぐに対処できるよう,Problemsウィンドウとマウスオーバーでの使用法メッセージにより報告されます.Workbenchは,拡張されたコードとセクションの折りたたみ,向上したコードのホバリング,シンボルの参照検索機能を提供します.ソースコードエディタの重要な機能には次のようなものがあります.

  • コードの折りたたみ
  • コードのアウトライン
  • コマンドの補完とテンプレート
  • エラー報告
  • シンボルの名前変更等のクイックアシスト
  • 関数定義の検索
  • シンタックスカラーリング
  • ブラケットのハイライト
  • 使用法情報を伴うテキストのホバリング
テキストおよびパターン検索

Workbench はテキスト検索をパターン検索で補うため,コード内の特定の構文が見付けられます.例えば,ワークスペース内で2つの変数を伴うIfを含むWolfram言語コードをすべて見付けたい場合は,パターンIf[_, _]が使えます.また,この検索機能は,Wolfram言語のパターンに基づく警告およびエラーマーカのスクリプト化も提供します.

ソースおよびノートブックの比較

線形のシンタックスを削除したノートブックを見るために,Mathematicaあるいは他のWolfram製品ではソースエディタと比較エディタの両方を使うことができます.これによりノートブックの構造比較が非常に簡単になります.構造比較は,バージョン管理システムを使っているときや,2つのノートブックをローカルで比較するときに便利です.

ロバストなデバッグツールの利用

デバッグ

デバッガはWolfram Workbenchの主要機能のひとつです.中でも便利なのは,異なるタイプのブレークポイントが使える点とコードを実行しながらそのコードを調べる式を見ることができるという点です.これにより問題を見付けて修正することができます.

プロファイリング

WorkbenchプロファイラによりWolfram言語関数の実行の詳細を見ることができます.コードのどの部分に何度の評価と時間がかかったかを見ることで,どの部分を最適化するのが最善かということを判断することができます.

単体テスタ

Workbenchテスタはテストを書いたり実行したりするための便利な機能を持った,コードの単体テストを実行します.このテスタはテストがすべて成功したかどうかの報告をし,失敗したものをリストにし,報告からテストファイル中の実際のテストへのリンクも提供します.

プロジェクトの管理と配備

プロジェクトベースのワークフロー

Wolfram Workbenchでは,アプリケーションやテストファイル等のすべての関連リソースをプロジェクトという一つのコンテナにまとめることができます.Wolfram言語のソースコードおよびノートブック,Javaのクラスとライブラリ,データベース接続情報を含む,多くの多様なリソースがサポートされています.

リソースを扱うツールも多様です.Wolfram言語のパターンベースの検索ツールやブラウズツールをパッケージや関数の高速検索機能と一緒に使うことで,コードのナビゲーションがこれまでよりも簡単で速くなります.

プロジェクトの配備

Workbenchのエキスポートウィザードを使うと,プロジェクトをローカルで配備したり,配信用にパッケージ化したりすることができます.ドキュメントを含むすべてのタイプのコンテンツがサポートされているので,開発した最新のものを確実に配備することができます.

バージョン管理

プロジェクトのバージョン管理は,現代のソフトウェア工学にとって大変重要なものです.Workbenchは,システムに余計なツールをインストール・設定する必要なく,フル装備のGitバージョン管理システムとの統合を提供します.WorkbenchはCVSやSubversion等の多数のバージョン管理システムも組込みで,あるいは追加ツールの簡単なインストールを介してサポートします.

ドキュメントの作成

ドキュメントビルダ

作成したアプリケーションのドキュメントを開発し,それをWolfram言語ドキュメントセンターに統合するためのツールがWolfram Workbenchに新たに装備されました.例えば,自分のアプリケーションの関数,ガイド,チュートリアルページを,既存のWolfram言語ドキュメントに簡単に統合することができます.

Q&A

WorkbenchはWolframのどの製品で使えるのですか.

WorkbenchはMathematicaWolfram DesktopWolfram Finance PlatformgridMathematicawebMathematicaで使えます.

Workbenchを使うのに,インストールが必要なものはありませんか.

To use Workbench, you need to have installed Mathematica or any other Workbench-compatible Wolfram product.

What technologies are used in Workbench?

Workbenchを使用するためには,MathematicaあるいはWorkbench対応の他のWolfram製品のインストールが必要です.

Eclipseとは何ですか.

Eclipseは高度にカスタマイズ可能なプラットフォームであり,プログラミングのための主導的な統合開発環境です.Eclipseはプラットフォーム非依存であり,プラグインとして知られるモジュールを含んだ拡張メカニズムを中心に構築されています.Eclipseには,さまざまなタスクを行うための無料・有料のプラグインが多数あります.これには,HTML,XMLをはじめとする多数のWebテクノロジーのサポートの他,Java,C,C++,Fortran等の言語のサポートも含まれます.利用できるプラグインの詳細はEclipse Marketplaceでご覧ください.

WorkbenchはEclipseをどのように使っているのでしょうか.

Wolfram WorkbenchはWolfram版のEclipseプラグインです.WorkbenchプラグインをスタンドアロンのEclipseにインストールすることができます.

Workbenchプラグインはどこで入手できますか.

プラグインの入手およびインストール方法の詳細は,テクニカルサポートのよくある質問ページをご覧ください.

どのバージョンのEclipseがサポートされていますか.

Wolfram WorkbenchにはEclipse 4.6 (Neon)以降とJava Runtime Environment (JRE) 8が必要です.最新版のEclipseおよびJavaをお使いになることをお勧めします.

多言語の開発プロジェクトを実行しているのですが,Workbenchでワークフローが管理できるでしょうか.

はい,Eclipseには幅広いプラグインがあるので,Workbenchは多言語による開発に非常に適しています.

Workbenchはどのようなプラットフォームをサポートしていますか.

WorkbenchはWindows,Mac,Linuxをサポートしています.

どのバージョンのWolfram言語がWorkbenchでサポートされていますか.

WorkbenchはWolfram言語のバージョン10および11を基盤とする製品をサポートしています.これにはMathematica 10–11,Wolfram Desktop 10–11,Wolfram Finance Platform 2.2,gridMathematica 10–11,webMathematica 3.3が含まれます.

en es zh