Wolfram言語

SequencePredictを使ってじゃんけんする

SequencePredictを使うと,将来の進化を予測するためのシーケンスをモデル化することができる.この例では,SequencePredictを使ってじゃんけんの次の手を予測する.

じゃんけん相手のこれまでの手を記録する.

過去のシーケンスからシーケンス予測子を訓練する.

予測子を使って,過去の手に基づく相手の次の手を予測する.

予想子を使って,相手の次の手についての確率を求める.

相手の手に対する自分の手の効用関数を定義する.

自分の手のそれぞれについて,想定される効用を計算する.

これが最後のじゃんけんだとすると,パーを出すべきである.これで勝つ確率が高い.

相手について別の確率ベクトルを考える.

今回はグーを出す.結果はあいこになりそうである.

関連する例

en