Wolfram言語

次元を削減して頭部のポーズを復元する

次元削減の後に得られた値は,データの生成プロセスの潜在変数として解釈することができる.場合によっては,このような潜在変数は簡単な解釈を持つことがある.この例では,3Dオブジェクトの向きが,これらのオブジェクトの2D投影からどのように見付けられるかを説明する.

ランダムな視点の3D幾何データから頭部のいろいろなポーズのデータ集合を生成する.

完全なWolfram言語入力を表示する

頭部のいろいろなポーズを可視化する.

LLE(local linear embedding,局所線形埋込み)メソッドを使って,このデータ集合を二次元表現に削減する.

削減された空間でもとの画像を可視化する.この空間では,上下と前横のポーズのもつれが解かれている.

関連する例

en