Wolfram言語

分類子を自動で訓練する

分類子を訓練するためには,メソッド,ハイパーパラメータ,前処理の関数等を選ぶ必要がある.Classifyはデータの部分集合に対して行われた実験の過程を通して,これらを自動的に選択する.ここで,この関数の使い方を示す.

"UCILetter"データ集合で分類子を訓練する.

新しい例で分類子を使う.

分類子と訓練の過程についての一般的な情報を得る.

自動の訓練手順によって使われる各メソッドの学習曲線を可視化する.

訓練手順によって推定される正解率を取得する.

検定集合で測定された正解率と比較する.

訓練時間を2分と指定して,分類子を再び訓練する.

学習曲線を前のものと比較する.

関連する例

en