Wolfram言語

組込みのオブジェクト認識機能

意味的なオブジェクト検出機能を使うと,画像に表れる特定のオブジェクトのインスタンスを見付けることができる.バージョン12にはオブジェクト検出の関数一式が含まれている.

ImageCasesを使って識別された画像部分すべてを返す.

ImageBoundingBoxesでオブジェクトの境界ボックスを抽出し,それを使ってもとの画像をハイライトする.

ImagePositionを使って特定のオブジェクトの位置を追跡する.

ImageContainsQを使って,画像にオブジェクトのカテゴリが含まれるかどうかをチェックする.

ImageContentsを使って,画像のコンテンツの要約を自動で取得する.

検出されたオブジェクトをもとの画像上でハイライトする.

完全なWolfram言語入力を表示する

関連する例

en