Wolfram言語

顔の3D再構築

3Dの顔再構築は,顔の様子や表情の推定等のコンピュータビジョンに応用されている.この例では,Wolfram Neural Net Repositoryからの無誘導の立体回帰モデルを使って,顔の3D形状を推定する.詳細はこちらでご覧いただきたい.

顔の画像でネットワークを評価する.このネットワークの出力は3D画像に変換される.

3D立体が2D画像と同じ幅と高さになるようリサイズする.

もとの画像にそれぞれのスライスを掛けて,適切なグレイレベルを割り当てる.

スライスのリストから3D画像を再構築する.

関連する例

en