Wolfram言語

改善された顔検出機能

顔検出は,顔認識,ポーズ推定,顔のキーポイント,モーフィング等の顔分析および顔変換における基本操作である.FindFacesが大きく向上したことで,誤検出が減りより速くよりロバストに顔が検出できるようになった.

バージョン11と12の品質評価を比較する.

新しい顔検出機能は,回転した顔の検出においてもより強力である.

FDDBCelebAのデータセットで計算されたFindFacesのベンチマークである.品質が30%アップしたことが分かる.

* AP@0.4はIoU検出の閾値が0.4であることを意味する.

さらに,FindFaces評価の平均時間も向上した.次のベンチマークは,さまざまなサイズの画像に対するスピードアップを示している.

* このテストは2.7GhzのIntel core(TM) i7 7500のラップトップで行われた.

関連する例

en