Wolfram言語

ベアメタルマイクロコントローラチップへのコードの配備

Microcontroller Kitは,Arduino UnoのようなターゲットとATmega328のようなベアメタルマイクロコントローラの両方へのコードの配備をサポートする.後者は最小限という魅力があるが,電力や外部のクロックソース等の補助コンポーネントが必要になるかもしれない.

完全なWolfram言語入力を表示する

この例では,UnoおよびUSBaspプログラマを使ってマイクロコントローラATmega168をプログラムする.

Arduino UnoはAVR In System Programmer (AVRISP)に変換することができる.変換するために,Arduino IDEを開いてFile Examples Arduino ISP Arduino ISP選び,これをUnoにアップロードする.次に,下の図に示しているように,Unoをマイクロコントローラに接続する.

ポテンショメータからのアナログ入力.

ピン15のアナログ出力のためのPWM信号のサンプリングレートをマイクロコントローラのクロックの周波数1MHzの1/4に設定する.

このシステムモデルは,はるかに低いレートでサンプリングできる.

完全なマイクロコントローラ指定.

プログラマ指定.

コードを配備する.

ピン24がポテンショメータに,ピン15がLEDに接続された様子を,電圧レギュレータとUSBaspプログラマの接続とともに示す概略図.

USBaspプログラマを介してコードを配備する.

関連する例

en