Wolfram言語

7セグメントディスプレイにエンコーダの読取り値を表示する

単純なデジタル入力(例えばプッシュボタンからの入力)は高いか低いかのどちらかである.デジタル入力(例えばデジタルエンコーダからの入力)は,結果としてパルス入力になる一連の高信号と低信号である. シャフトの速さと位置はパルス数を数えることで計算できる.

完全なWolfram言語入力を表示する

この例では,エンコーダArduino Yúnに接続する.エンコーダのパルス数は立上りエッジを数えることで決定できる.次に,この値がデジタルデコーダを介して7セグメントディスプレイに表示される.プッシュボタンを使ってカウンタを0にリセットすることができる.

このエンコーダには10個のスロットがある.10番目の回転で,あるいはプッシュボタンが押されると,総数tcountがリセットされる.それ以外の場合は,エンコーダの数ecounttcountが増分される.次は,tcountを計算して完了した回転数を返すシステムモデルである.

次は,回転数を取ってデコーダに送る二進化十進数(BCD)の値を計算するシステムモデルである.

完全なシステムモデル.

エンコーダとボタンによる入力.

出力がデコーダに送られるピン.

完全なマイクロコントローラ指定.

コードを配備する.

関連する例

en