Wolfram言語

分子形状の解析

分子形状の解析(MSA)は,数多くの定量的構造活性相関(QSAR)の調査における重要な第一歩である.以下の例では,主慣性モーメント(PMI)を使って分子形状を分類する方法と,PMIプロットを使って形状を可視化する方法を示す.

形状が異なる3つの分子を考える.

分子の3D座標を計算し,主慣性モーメントを求める.

主モーメントは,2つの小さいモーメントを最大のモーメントで割ることによって正規化される.

主モーメント比を座標として使い,これらの形状が三角形の角を形成する.

完全なWolfram言語入力を表示する

座標に主モーメント比,ツールチップに3Dプロットを使って,分子の集合について形状を比べる.

関連する例

en