Wolfram言語

可視スペクトル内でヘリウム遷移を観察する

量子力学のため,電子は原子内で一定のエネルギー準位に制約されている.Wolfram言語は元素表すべてについてNISTのAtomic Spectra Databaseからのエネルギー準位データへのアクセスを提供する.

さまざまな原子状態のエネルギーを調べる.

結果として可視スペクトル内の線遷移となる中性ヘリウムの原子エネルギー準位間のジャンプを可視化し,原子レベルでジャンプを可視化する.

中性ヘリウムの可視スペクトル内の線を得る.

各遷移についての高いエネルギー準位と低いエネルギー準位,および結果の波長を求める.

炭素の可視スペクトル内で波長をプロットする.

各遷移の上位と下位の準位を抽出する.

それぞれの原子準位についてのエネルギー情報を集める.

各遷移に対する色を決める.

最初と最後の原子準位のエネルギー準位で,各遷移をプロットする.

この範囲内でエネルギー準位に対応する格子線を足す.

エネルギーを取得し,プロットの範囲内のエネルギー準位を選ぶ.

すべてのエネルギー準位に対する遷移をプロットする.

遷移のない原子準位を調べる.

これと,可視スペクトル内の遷移に関連するエネルギー準位の数を比較する.

関連する例

en