動作環境

クロスプラットフォームの計算パワー

Mathematica 13は最新のオペレーティングシステムおよびハードウェアに最適化されているので,お好きなシステムがお使いになれます.

ハードウェアの仕様

利用可能な
プラットフォーム

Microsoft Windows

X86-64

Windows 11
Windows 10*
Windows Server 2019 (Desktop Experience)

* サポートされる最小バージョンは1709です.

Apple macOS

X86-64

Apple Silicon

macOS 12 (Monterey)
macOS 11 (Big Sur)
macOS 10.15 (Catalina)
macOS 10.14 (Mojave)

Linux

X86-64

Ubuntu 18.04, 20.04, 21.04, 21.10
RHEL 7, CentOS 7
RHEL 8, CentOS 8, AlmaLinux 8
Debian 9–11
OpenSUSE Leap 15.2–15.3
Fedora 34–35
SUSE Linux Enterprise Server 12, 15

Mathematica 13は上記のLinux製品で完全にテストされています.新しいLinux製品では,追加の互換性ライブラリをインストールする必要がある場合があります.Linuxカーネル3.15以降およびglibc 2.17以降に基づくその他の製品ではほとんどの場合Mathematicaは問題なく動作します.

MathematicaはX Window Systemフロントエンドをサポートしており,主要なLinuxデスクトップ環境KDEで使われるのと同じQtアプリケーションフレームワークをユーザインターフェースとして使っています.エンタープライズおよび人気の高いオープンソースのLinux製品の両方で通常のテストが行われています.

注意

  • 新しいコンピュータへのMathematicaの移行をご希望の方は,Wolframシステム移行フォームをご提出ください.
  • MathematicaのCコンパイル機能をお使いになるためには,Cコンパイラがなければなりません.
  • Mathematicaの組込みのGPU計算機能をお使いになるためには,NVIDIA,AMD等のカードのようなOpenCLかCUDAをサポートする倍精度のグラフィックスカードが必要です.
  • これ以前のバージョンの動作環境につきましては,Wolfram製品の動作環境ページをご覧ください.

設定についてのご質問はこちらまでご連絡ください»

de en es fr ko pt-br ru zh