System Modelerの主な機能

マルチドメインモデリング

実際のマシンやシステムが,たった一つの物理的ドメインに限定されることはめったにありません.現実世界のトポロジーのように,モデルには複数のドメインからのコンポーネントをどのように相互接続させて加えることもできます.More

この機能は,あまり統合されていない方法を使ったときには見落としてしまうような重要な影響に気づかせてくれます.組込みのModelica Standard Libraryには,並進構造,回転構造,三次元構造,熱流体,電子工学,論理ブロックと信号ブロック,熱伝導等についての何千ものコンポーネントが含まれています.Less


ワンクリックのシミュレーション

ボタンをクリックするだけでモデルのあらゆるコンポーネントのすべての値にアクセスでき,すぐに詳しく調べることができます.ポイントアンドクリックのインターフェースを使って,関心のある領域をズームしたり組込みのプロットスタイルから好みのものを選んだりすることができます.More

異なるパラメータ設定を使ってモデルのシミュレーションを実行し,それらを一緒にプロットしたり,隣り合せにプロットしたり,パラメトリックプロットにしたりすることで,設計や状況が迅速に比較できます.プロットは好きなだけ保存でき,シミュレーションを実行するときに自動的に更新されプロットされるようにすることができます.Less


無制限の解析

作成したモデルの方程式およびシミュレーション結果のすべてにアクセスして,記号計算や数値計算を実行することができます.モデル解析にWolfram言語の完全なパワーが使えます.More

System Modelerのシミュレーションをプログラムで制御したり,組込み関数を使ったりして,モデルの均衡を求めたり,モデルを線形化したりすることができます.Mathematicaの記号計算および数値計算機能を使ってモデルのキャリブレーションとシステムの最適化を行い,高度なグラフィックスとインタラクティブ機能を使ってその結果を提示することができます. Wolfram言語の環境は探究や解析ができるだけ効率的に行えるよう設計されています.ノートブック環境にコマンドを入力するだけで,作業の記録が自動的に作成されます.これを同僚と共有したり,再利用したり改良したりして詳しく解析することができます.ノートブックでは,単独のプラットフォーム非依存のドキュメント形式内にコード,データ,説明文,プロット,グラフィックス,インタラクティブ要素をまとめることができます.周波数解析,感度解析,モデルキャリブレーション等のノートブックテンプレートを事前に構築しておくと,すぐに作業に取り掛かることができます.Less


ハードウェアとソフトウェアの接続性

自分のハードウェアデバイスとソフトウェアソースを直接接続することによってモデルにリアルタイムの情報を送り,シミュレーションでそれらを同時に実行することができます.More

Arduinoボード,OPCサーバ,ゲームパッド,データベース等に接続できます.効率的なModelicaライブラリを使うと,他のコンポーネントと同様に,ハードウェアおよびソフトウェアの接続がドラッグアンドドロップで行えます.Wolfram Device Frameworkでは,接続されたデバイスを完全に制御することができます.Less


System Modelerを選ぶ理由

System Modelerは他のツールとどのように異なるかを機能ごとに比較してみます.More

Wolfram System Modelerは物理モデリングおよびシミュレーションのための完璧なツールです.他のシステムとは異なり,System Modelerはアドオンを必要とせず,標準のModelicaモデル言語を完全にサポートします.System ModelerはMathematicaと完全に接続するように設計されているため,統合された究極のモデリング,シミュレーション,解析のワークフローが実現できます.Less

de en es fr ko pt-br ru zh