System Modelerの新機能

System Modeler 12.3

制御された系の効率的な作成

広範に及ぶ制御系機能を使ってモデルのコントローラを設計します.閉ループ内でモデルにコントローラを自動的に接続することで,制御された系を作成します.


System Modeler 12.3

縮小されたファイルサイズ,高速化されたコンパイル

作成するのが大規模モデルでも,結果のファイルサイズは劇的に縮小され,シミュレーションスピードも向上しています.並列コンパイルでモデルがより高速に構築できます.

System Modeler 12.3

完全にカスタマイズ可能なモデルのプロット

モデルのプロットのすべてをカスタマイズして,発見したものを顧客や同僚と共有することができます.プロットマーカー,プロットラベル,キャプション等を使って情報が保存できます.


System Modeler 12.2

CADデータから物理的特性を自動生成

CADの形状における慣性,重心,密度等の物理的特性を使って完全なモデルを生成します.


System Modeler 12.2

プロットのパーソナライズ

モデルのプロットを定義するときに,Webページへの参照,変数値,他のプロットを含むキャプションを加えることで,プロットに注釈を入れることができます.シミュレーションの設定およびプロットに,その領域に関連したカスタムの時間単位が加えられます.

System Modeler 12.2

高度なモデリングのために拡張されたGUIサポート

単位の自動表示,バス接続のインテリジェントなサポート,「each」キーワードおよび「final」キーワードに対する完全なGUIサポートを含む,モデリングのサポートが向上しました.

System Modeler 12.2

ライブラリのアップデート

いくつかのライブラリが,プロットへのキャプションの追加,向上した初期化,新しいコンポーネント等の新しい機能の追加によってアップデートされました.


System Modeler 12.2

Fluidライブラリの実験的サポート

Fluidライブラリを使うと,熱流体モデルが作成できます.容器,パイプ,流体機械,その他の部分からなる流体ネットワークを非圧縮性または圧縮性媒体を使ってモデル化します.

System Modeler 12.1

同期システムのサポート

同期言語要素を使って,サンプル値系をさまざまなサンプリングレートで定義し,同期することが簡単にできます.Synchronousライブラリは,これらの要素を使いやすいグラフィカルユーザインターフェースでカプセル化するものです.


System Modeler 12.1

向上したエラー報告

ハイパーリンクと読みやすいエラー・警告メッセージが加わったことで,モデルのエラーを素早く見付け修正することができるため,設計時間が削減されます.

System Modeler 12.1

バーチャルラボ

教育を生き生きしたもっと楽しいものにしませんか.バーチャルラボは学生の好奇心を掻き立てるオープン教育リソース(OER)です. バーチャルラボでは,アイディアをプログラム環境でテストし,すぐにフィードバックを得ることができます.


System Modeler 12.1

設定変更が可能なモデル作成の簡約化

設定変更が可能なモデルのパワーを使うことで,モデル一つでさまざまな設計がテストできます.System Modeler 12.1ではユーザインターフェースがアップデートされ,設定変更が可能なモデルの作成が簡単になりました.

System Modeler 12.1

シミュレーションの迅速な解析

Measurement Windowが新しく加わったことによって,シミュレーション結果の解析が格段に速くなりました.Measurementカーソルを使って任意の時点についてプロットされた値を求めたり,クリックアンドドラッグで2つの時点間のプロットされた値を選び比較したりすることができます.

System Modeler 12

すべてのFMI標準のインポートとエキスポートのサポート

FMIのコシミュレーションのインポート機能が加わったことで,System ModelerはすべてのFMIのインポートとエキスポートをサポートするようになりました.つまり,モデルを自分のツールボックス内の他のツールと共有することができるようになったのです. SILS (software-in-the-loop)テストのための埋込みシステム,Modelica以外のソフトウェアのシステムモデルおよびCFD解析モデルのコードをインポートすることができます.


System Modeler 12

大規模記号モデルの線形化

Wolfram言語におけるシステムモデルの記号的線形化機能が,より幅広い種類のモデルからの選択のサポート,よりよい性能および制御によって大きく向上しました.

System Modeler 12

ハードウェアへのコントローラの配備

コントローラをマイクロコントローラに配備し,スシテムをスタンドアロンモードで実行できます.Microcontroller Kitはさまざまな設計ソリューションを実験・反復するための使いやすくパワフルなインターフェースを提供します.

System Modeler 12

方程式の高度なデバッグ

方程式ブラウザによって,モデルをデバッグしたり,シミュレーション動作を理解したり,性能の障害を排除したりすることができます.

System Modeler 12

向上したユーザインターフェース

System Modeler 12のユーザインターフェースには,モデリングをより簡単にするための新機能が含まれています.ワンクリックでコンポーネントを有効/無効にしたり,領域に関連する新しい単位をすぐに加えたりすることができます.後で参照できるようにアニメーションビューを保存したり,エクスペリメント設定を見直して変更したり,モデルにデフォルトのアニメーションを加えたりすることもできます.


System Modeler 12

更新されたライブラリ

より多くのデータ型のサポート,エラー報告の向上,アイコンとドキュメントの更新により,ライブラリが新しくなりました.またすでに保存されているプロットが例に加えられることで,関連変数のプロットがより簡単になっています.ライブラリはModelica Standard Libraryの最新バージョン(Version 3.2.2)に対応しています.


System Modeler 5.1

何百万人ものWolfram言語ユーザにモデルを配備

Wolfram言語のすべてのデスクトップ製品に,システムモデル解析の機能が組み込まれました.System Modelerで作成されたモデルはどれも直接何百万人ものWolfram言語ユーザと共有することができます.


System Modeler 5.1

設定変更が可能なモデルの作成を簡約化

System Modeler 5.1のユーザインターフェースがアップデートされ,設定変更が可能なモデルが簡単に作成できるようになりました.これにより,モデル階層の正しいレベルで最も重要な設定および設計パラメータを提示することが簡単になりました.

System Modeler 5.0

Mediaを含む最新のModelica Library

MediaライブラリとNoiseライブラリを含む,最新バージョンのModelica Standard Library(バージョン3.2.2)を使うと,液体,気体,雑音系が正確にモデル化できます.


System Modeler 5.0

すぐに使える何百ものモデル

何百もの完成されたモデルの例をインタラクティブにブラウズしたり,モデルをプログラムで管理したり,中間結果等をインポートしたりすることが,Wolfram言語の中で直接行えます.


System Modeler 5.0

分かりやすい最新のモデルダイアグラム

モデルアイコンのデザインが一新され,より分かりやすく,読みやすく,見栄えのよいものになりました.

System Modeler 5.0

設定変更が可能なモデル

設定変更が可能なモデルを作成することで,エンドユーザがタイヤ,ブレーキ,エンジンのタイプの変更等,複雑さや設計のレベルを切り替えることが容易になりました.


System Modeler 5.0

モデリングプロジェクトのスケールアップ

パッケージファイルの取扱い方法の向上,ドラッグアンドドロップによる並べ替え,より効率的になったモデルの再構築によって,ワークスペースを常にすっきりした状態にしておくことができます.


System Modeler 5.0

プログラムによるシステム設計の最適化

作成したモデルは,新しいパラメータ値で呼び出せる関数として簡単に設定することができます.この新しい関数を使ってモデルの最適化,キャリブレーション,検証が実行できます.


System Modeler 5.0

すぐに開始

新しい組込みのモデルの例を参考にして,特定の領域でのモデリングがすぐに開始できます.設定がさらに簡単になり,新しいビューモードも加わっています.

de en es fr pt-br ru zh